黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

さらば、我が友キーファよ! PS版ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち レビューの巻vol.7

数百を超える未プレイゲームソフトが積み上げられてできた、恐るべきタワーがあった。

 f:id:mitsumamegamer:20170917112308j:plain

 

その名を積みゲータワー》!

決して攻略サイトは参照しまいと心に誓いながら、それでもチラ見してしまう自分を誤魔化し、今宵も長ったらしいレビューは繰り返される・・・。

 

 

という訳で始まりました〜《積みゲータワー攻略日記》第146

今回チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち

※以下、『ドラクエⅦ』と省略。

 

発売年:2000

ジャンル:RPG

フォーマット:PlayStation(初代)

発売元:エニックス(現スクウェア・エニックス

 

f:id:mitsumamegamer:20181107174252p:plain

 

今回で『ドラクエⅦ』レビュー記事も第7弾!

前回の記事で『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』を『グリンフレーク』までプレイ&レビューしてみました。

 

 

mitsumamegamer.hateblo.jp

グリンフレーク』では昼ドラ並のドロドロ恋愛劇が繰り広げられ、正直ぐったり気味です。気をとりなおし、我らがチーム『くろたま』は次に待ち受ける未開の地へGO

 

 

果たして、いかなるドラマが展開されるのか?

ワカリマセン!

でも、気分は・・・ウキウキかな?

 

 

 

それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20181107174440j:plain

 

 

ドラクエⅦ』は、『ふしぎな石版』をパズルピースの様にはめ合わせ、未開の地へワープします。見知らぬ町で物語を体験する・・・オムニバス形式でゲームを進めていきます。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114171918p:plain

いつもはワープ先を出れば、すぐに町や城を発見するのだけど・・・何処にゃ?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114171931p:plain

あ、アレは?

三角のピラミッドみたいな見慣れぬオブジェが!

さっそく入ってみますにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114171959p:plain

どうやら、大きなテントだったみたい。

話しかけたら・・・覗きの最中?

どれどれワガハイにも見せるにゃー!

なんか別の意味で怪しさプンプンです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172016p:plain

ぐるりと回って、別のヒトに話しかけてみます。

なるほど、テントの中では儀式を執り行っていたんですね。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172039p:plain

パチパチパチ。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172103p:plain

無事に『ライラ』という名の踊り子さんが一族の跡継ぎとなりました。

この『ユバール』は特別な民、実は大きな使命を負っていました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172129p:plain

神さまを復活させる?

それって『ドラゴンボール』の神龍みたいな感じ?

よくわからないけど、なんかスケール大なイベントですにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172205p:plain

ユバールの民は何十年もかけて探し続けてきた。それは大変ご苦労様です。

そして、ゴールの神殿とやらもすぐ間近に・・・。

 

 

我らがチーム『くろたま』が族長さまに挨拶すると、

f:id:mitsumamegamer:20181114172225p:plain

ええっ? 疑いの目を注がれてしまいます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172407p:plain

おまけに、身の潔白を証明しろ!と。

し、失敬な!

けれども、よく考えてみれば当然かもしれません。『ちいさなメダル』を見せれば納得してもらえる?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172431p:plain

キーファ曰く、事件は起こらない?

安心と物足りなさがハーフハーフ。

しかし、ワガハイは甘かった。

別の意味での『事件』は、この時既に始まっていたのだから・・・。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172505p:plain

キーファは『ライラ』さんにホレたみたい。

けれども、ワガハイなんか嫌な予感がします。なぜなら、前回の『グリンフレーク』エピソードの様に、恋愛絡みだとロクな事が起こらないのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172536p:plain

案の定、『ライラ』さんと仲良く飲んでいれば、嫉妬した若者『ジャン』が飛び込んできたにゃー。一応、『ライラ』と『ジャン』は婚約者同士みたい。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172607p:plain

え? ワガハイが収めたことになっているの? 

全然、覚えがありませんにゃ。

とにかくです。『ジャン』がみせる嫉妬の炎は半端じゃありません。自分に自信があれば、ドンと構えていれば良いのに〜。

 

 

その後、突然のザコ魔物の襲来によって、事態は急変。

くろたまとキーファは別行動をとることになります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172640p:plain

しかも、キーファが勝手にチーム『くろたま』の行動予定を決めてしまうのです。

今まで無かった、キーファの暴走が始まります。

キーファ、どうしたんにゃ?

何か企んでいる様にしか思えません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172712p:plain

けれども、此処は黙って敷かれたレールの上を歩き続けます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172737p:plain

いざ、湖へ!

キーファ抜きの3人パーティ。けれども、この辺りには強い魔物はいないので安心。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172805p:plain

目的の祭壇がある神殿は、湖の底に沈んでいます。

コレって、『カリオ○トロの城』?

なんか、デジャブ感が・・・。魔物ボスは『伯爵』?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172831p:plain

という訳で、洞窟の中を進みます。『ジャン』さんが同行しますが、もちろん戦力外にゃん。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172918p:plain

いよいよ、神を復活させる時が来ましたにゃ。

いでよ、『神龍』?

ワガハイの願いを叶えたまえ〜。

 

 

しか〜し、此処に来てトラブルが起きます。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114172955p:plain

にゃんですと!

神様の復活はまだ早かった〜。

しかしです。

一刻も早く己の使命から解放されたい『ジャン』は暴走します。

無理矢理に、神様を復活させようと儀式を行ってしまうのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173019p:plain

やっぱり失敗でした。

『ジャン』は全てを洗いざらい告白して、独り逃げ出してしまいます。

あああっ、前回の『ぺぺ』さんと同じパターン?

 

 

そして、驚くべきことに我らがチーム『くろたま』のキーファが・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173108p:plain

チームから離脱するのです!

 

f:id:mitsumamegamer:20181114170748j:plain

 そ、そんな・・・

唖然です。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173147p:plain

伝説を背負う男になる?

へ?

いきなりそんな事を言われても、イマイチ説得力がありません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173225p:plain

マリベルだって、悪い予感を口にしていました。

ワガハイが思うのは、キーファは『ライラ』さんから離れたくないのでしょう。

しかも、婚約者『ジャン』さんは自ら立ち去った。

キーファにとっては、絶好のチャンス到来なのです!

 

 

しかも、キーファは本心を隠したまま、誤魔化します。

f:id:mitsumamegamer:20181114173254p:plain

『オレにしかできない何か』?

いかにもパリピが口にしそうなセリフ。

キーファの狙いは『ライラ』さんでしょ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173333p:plain

自分でも認識しているのでしょう。

こんなセリフまで言って口止めしてきますにゃ。

なんだかなぁ~。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173411p:plain

 『魁!!男塾』の様に、強敵と刺し違えて、煮えたぎるマグマの海へと堕ちていくならば、ワガハイだって涙を流して別れを惜しみます。

けれども、キーファの場合は色恋沙汰。『ライラ』さん目当てなのです。

これはどーなのよ!プレイしながら、これから貴重な戦力が欠ける事態にワガハイは怒りを禁じえません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173505p:plain

別れ間近、ワガハイの堪忍袋の緒は見事にブチ切れてしまいました。

ええーい!

こんな奴の装備なんか〜!

 

武器も鎧も薬草も、一つ残らず剥ぎ取る!

自分に装備できなくとも、売ればいくらかお金になるでしょう。

 

 

 

謎の神殿に戻ってくると、袋が?

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173548p:plain

中には、手紙とキーファの装備品が!

って、実はその前にキーファの装備を剥ぎ取ったんだけど。

ワガハイ、なんか気まずい思いです。

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173630p:plain

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173648p:plain

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173705p:plain

何もワガハイが買ってあげたんじゃ・・・。みんなで力を合わせバトルをして獲得したお金で買ったのです。キーファもしっかり貢献してきた。してきましたとも!

それなのに、なんか他人行儀で水臭い感じがしてなりません。

 

f:id:mitsumamegamer:20181111183251j:plain

キーファ・・・オマエってやつは。

 

 

ワガハイは、ようやく冷静になりました。

なぜでしょうか?

こんなにいたたまれない気持ちになったのは?

 

 

自己都合(しかも不純な動機?)でパーティを抜けたメンバーに対し、ワガハイは怒りしか抱きません。挙句の果には彼の装備まで没収してしまいました。ハムラビ法典の『目には目を!』ではありませんが、報復しか頭に無かったワガハイも、キーファの決定を批判できません。まだ未熟な一旅人に過ぎなかったのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181114173835p:plain

城に戻って、キーファの父親に報告します。

過去の見知らぬ地に、ひとりキーファを残してしまった事が改めて心が痛い・・・。

 

 

 

キーファ・・・我が友との再会はあるのでしょうか?

『ユバール』の民が、神を復活させる時にそれは叶うのかもしれませんにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20181114173934j:plain