黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

異世代間のアイドル論争が勃発! 10月新アニメ ゾンビランドサガ 第六話 レビューの巻

みなさん、アニメ大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー「黒たま」ですにゃん。

 

 

 

10月から放送されている新アニメ『ゾンビランドサガ』

今週も続きが気になる〜というわけで夜な夜な独り観てしまいました。

 

f:id:mitsumamegamer:20181103151314j:plain

   ※TVアニメ『ゾンビランドサガ』公式サイト より引用

 

放送開始:201810月〜

放送局:TOKYO MX

制作:ゾンビランドサガ製作委員会

 

 

今回は、第六話のレビューになります。

タイトルは『だってセンチメンタルSAGA

 

 

 

どんなアニメなの?

 

ズバリ一言でいえば、コメディ風ゾンビアニメ。

ゾンビとして眠りから覚めた主人公『源さくら』は他のゾンビっ娘たちと

ご当地アイドルグループを結成して佐賀の町おこしをします。

 

 

 

第六話は、ファンとの交流!ミニライブ&チェキ会

 

前回の活躍で、なんとファンが出来たようなのです。やったねフランシュシュ!

 

mitsumamegamer.hateblo.jp

 

という訳で、今度はファンを集めて特製タオルやTシャツを売り、写真を撮るイベントをすることになりました。

 

 

 

しかーし、お約束というか、トラブルが発生してしまいます。

f:id:mitsumamegamer:20181109221013j:plain

メンバーの『紺野純子』サンがファンとの写真撮影を嫌がり拒んでしまうのです。

 

 

 

どして?

 

生前の彼女がアイドル活動していた1983年頃では、ファンと写真を撮るコミュニケーションは無かった様子。ステージから降りて、ファンと並んで写真を撮ることが、『ファンに媚びている』と思ってしまうみたい。

 

紺野純子は『ファンの方との関係性を考えるべき』と真剣な顔で訴え、同じメンバーの『水野愛』と口論にまで発展します。

 

 

うーん、ジェネレーションギャップですね、コレは。

普通のアイドルグループは、だいたい同じ世代の女の子同士で構成されています。きゃぴきゃぴの10代のグループにオバサンは紛れ込んでいません。

しかし、ゾンビとなれば話は別。

それぞれ生きた時代が異なるので、自然と考え方や価値観だって異なってくる。ぶつかり合うことはむしろ必然なのです。

 

 f:id:mitsumamegamer:20181109221047j:plain

 『紺野純子』と『水野愛』の異世代間のアイドル論争が勃発!

従来のアイドルグループ内では起きようも無かった問題です。

ゾンビランドサガ』ならではのテーマで、なかなか面白いです。

 

 

 

他のメンバーといえば、仲直りをして欲しいと願っているだけみたい。

けれども、形だけの和解では、両者の気持ちは収まらないでしょう。見た目は仲直りしても、心の中ではわだかまりを抱き続けるままです・・・。

 

 

ならば、ハッキリ白黒つけなければなりません!

 

 『紺野純子』と『水野愛』

どちらの主張に従うのか、を。

 

 

ワガハイが一番気になるのは・・・、

どのような方法で決着が着けられるのか?です。

 

 

 

従来から少年漫画やアニメでは、物事の成否をバトルで決定してしまう傾向がありました。(『ワン〇ース』とか『銀〇』とか・・・)勝った方の言い分が正しい!一言でいえば、『弱肉強食』の世界です。しかし、それでは単に暴力で物事を解決しているだけでしょう。

 

 

いつも主人公が勝っているから、結果オーライだけれども、

コレってなんか変じゃない?

問題解決をバトルに委ねるなんて。

読者が薄々その違和感を抱き始めていた頃、漫画の中で堂々と警鐘を鳴らした作品がありました。

 

 

 

るろうに剣心』です。

 

主人公の緋村剣心は、『弱肉強食』の理を真っ向から否定し、その考えを斬って捨てます。

 

「ただ強い者、戦いに勝った者が正しいというのは志々雄の論理!一度や二度の戦いで、真実の答えが出るくらいなら誰も生き方を間違ったりはせぬ!真実の答えは、おぬし自身がこれからの人生の中で見出すでござる!」

 ※『るろうに剣心和月伸宏 集英社ジャンプコミックス刊 第16巻から引用

 

 

ただし、剣心がこの考えを主張し、相手に納得させるためには、相手とのバトルに勝たなければなりませんでした。『弱肉強食』を否定する剣心でもバトルに委ねなければならない・・・それは一種のジレンマでもあったのですが。それでも勇気ある試みでした。

 

 

ゾンビランドサガ』においてはどうなるのでしょうか?

第七話に注目です。

 

 

※余談です。それにしても・・・『山田たえ』は第六話でもボケまくってましたにゃ。

 

シャンプーを切らした巽幸太郎の所に、替えのシャンプーボトルを持ってきたかと思いきや・・・それって洗剤のボトルじゃん!

巽から間違えを指摘されたらしく、次に持ってきたのは・・・醤油のボトル!

 

 果たして、醤油で髪を洗ったらどうなるんだろう?

怖くてできませんにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20181103153619j:plain