黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

クレマン爺さんは歓喜する。 PS版ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち レビューの巻vol.3

みなさん、ゲーム大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、第135回《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

ドラゴンクエストエデンの戦士たち

※以下、『ドラクエⅦ』と省略。

 

発売年:2000

ジャンル:RPG

フォーマット:PlayStation(初代)

発売元:エニックス(現スクウェア・エニックス

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181029172900p:plain

以前のブログ記事で『ドラゴンクエストエデンの戦士たち

エンゴウの村までプレイ&レビューしてみました。

 

mitsumamegamer.hateblo.jp

  

占い師『パミラ』から新たなふしぎな石版をゲットし、我らがチーム『くろたま』は、次に待ち受ける未開の地へGO

 

 

果たして、いかなるドラマが展開されるのか?

全然ワカリマセン!

それでも、気分はウキウキです。

 

 

 

それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20181020105652j:plain

 

どんなゲームなの?

大人気ゲームソフト『ドラゴンクエスト』シリーズ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171252p:plain

ドラクエⅦ』は各地で集めた『ふしぎな石版』をパズルピースの様にはめ合わせる。すると、未開の地へ、ワープ?できるシステムになっています。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171311p:plain

今回は、3番目の未開の地ダイアラック

細長い小島には、町しかありません。

ここでも、事件(お約束?)が起きるのでしょう・・・というか既に起きていました!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171341p:plain

此処は『ダイアラック』という町らしいのだけど・・・

なんか変だにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171414p:plain

町の中は石像だらけ?

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171433p:plain

美少女探偵マリベルの推理通り、

これらは石化してしまったニンゲンたちだったのです!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181023171753j:plain

ひええええっ!

インパクトは前回の『エンゴウの村』よりも上回っています。

町は静まり返りホラーチック感が一杯。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171508p:plain

教会は・・・もぬけの殻です。

それでもセーブだけはできます。

 

 

みんな、そろって石化されてしまったのかにゃ〜?

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171532p:plain 

しかし、一人だけ生身のニンゲンを発見!

どうやら、『ダイアラック』エピソードのキーパーソンな予感。

さっそく話しかけてみます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171601p:plain

名乗る者でもありませんにゃ。ハッハッハ。

お爺さんいわく、やっぱり町の人たちは石化されてしまった様子。

 

 

しかし!

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171627p:plain

伝説の秘薬があるみたいです。

その名も、天使の涙

もう、それを早く言ってにゃ〜。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171654p:plain

 けれども、事態は深刻でした。

天使の涙』を使っても手遅れらしい。町人たちは元には戻らないらしい。

ええっ? なんですと!

 

 

天使の涙』を使えば、無事に町人を元に戻すことができる!

のでは無かったのです。

なんか今までの『ドラクエ』エピソードとは異なります。

ならば、ワガハイたちはこの町で一体何をすれば良いのでしょうか?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171756p:plain

お爺さんから忠告を受けます。

けれども、コレって

宿に泊まって夜が更けてきたら外に出ろ!

ってことでしょ?

 

 

昼間でさえ、ホラーチックな『ダイアラック』。夜になれば、どんな状況になっているのか?もしかしたら、石化した町人たちがゾンビみたいに徘徊しているのかもしれません。もしもそうだったら・・・

 

 

まさしくバイオハザードです。

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171842p:plain

宿が無料なのはうれしいけど・・・正直泊まりたくないにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171906p:plain

悲し気な声?

やっぱりキター!

銃は? 十字架は何処? マリベルとキーファはちっとも起きてくれません。

絶対寝たフリですにゃ。『くろたま』は独りぼっちで仕方なく外に出てみます。

 

 

ちなみに『マリベル』は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20181030171955p:plain

気づいていたみたいですにゃ。意地悪〜。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172017p:plain

水が足りない?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172055p:plain

危険な買い出しに行こうとする『クレマン』

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172147p:plain

『クレマン』の無事を祈るミリー

 

バイオハザードな心配とはよそに、石像は動いていません。

が、不思議でした。石像を調べると、当時のエピソードが懐かしさ溢れるモノクロ調で蘇ってくるのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172229p:plain

深夜なのに、まだお爺さんは起きていました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172310p:plain

50年前『ダイアラック』の町で行われた、雨乞いの儀式。

突然に悲劇が町を襲います。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172346p:plain

濁った雨?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172406p:plain

ま、まさか!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172456p:plain

目の前にいるお爺さんこそ、若かりし頃の『クレマン』。用事で町を出ていたお陰で難を逃れたのでした。

 

 

 

聞けば聞くほど、不可解なホラーチックな逸話。

しかし、それだけではありません。

謎が・・・気になってしまう事があるのです。

 

 

なぜ、雨乞いをしたら灰色の雨が降り出し、『ダイアロック』の町人たちは石化してしまったのか?

灰色の雨が降った原因が、判らないのです。

 

 

もしかしたら、魔物の仕業?

しかし、エピソードには魔物の影など一切出てきていません。

それとも、科学では説明できない、摩訶不思議な天変地異なのでしょうか?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172531p:plain

『クレマン』お爺さんの話(ヒント)を受けて、高い岩の上から『天使の涙』を降り注いでみます。お爺さんの話では、石化した町人たちは元の姿には戻らないはずですが・・・せめて手向けとばかりに。

 

 

すると・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172557p:plain

アレ?

子供が1人!

生存者が地下から出てきた?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172635p:plain

まるで御伽噺『浦島太郎』みたい

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172709p:plain

『クレマン』お爺さんは少年『ヨゼフ』の生存を驚きます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172736p:plain

そして、二人は町から旅立っていきました。

その後、チーム『くろたま』は現実世界へ戻ります。

以前は海だった所には、

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172803p:plain

ダイアラック』が出現?

あの後、『ダイアラック』はどうなったのか?

やっぱり町の中が気になってしまいます。

 

f:id:mitsumamegamer:20181030172826p:plain

誰?

謎の『シム』爺さんがいます。

どうやら年老いた『ヨゼフ』でも無いみたいだけど・・・

 

 

しかも、此処に新たな町を造るつもりみたいです。そうなんだにゃ・・・。

 

 

 

此の地で、新たなふしぎな石版をゲット!

おそらくこれで次の未開の地へ行くことができるのでしょう。

という事は、一先ず『ダイアラック』はおしまい?

その後は、町が発展していく様子を見守っていくのかな?

 

 

 

それにしても・・・

前回の『エンゴウの村』に続いてイマイチスッキリしない感じです。

なぜなら、『ダイアラック』に灰色の雨が降った原因も謎。

更に、石化してしまった町人も元に戻せていないからです。

 

 

 

もしも、『ダイアラック』の町に灰色の雨を降らせたのが魔物の仕業だったら?

その魔物を倒せば、石化した町人を元に戻すことができたかもしれません

ハッピーエンドのストーリーが見えたのです!

 

 

しかし、このパターンは使い古されています。

なので、『ドラクエ』のシリーズ7にもなって、あえて使ってくる様な気がしません。

 

f:id:mitsumamegamer:20181017175054j:plain

うにゃ〜!モヤモヤしてる~。

しばらく唸っていたら、

ふとワガハイは、全くの別作品で似たようなエピソードを思い出しました。

 

Fate/Zeroです。

 

 

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

 

 

聖杯戦争の終盤戦で、魔術師の衛宮切嗣は願いを叶えてくれる聖杯を破壊するように、自分のサーヴァントに命令を出します。その後、聖杯は破壊されたに思えたのですが、彼の想定通りに事は運びません。空からおびただしい量の溶岩がドロドロと降り注ぎ、町は瞬く間に地獄絵図と化します。

 

 

 

衛宮切嗣の願いとは、平和な世界を実現することでした。

けれども、あろうことか判断を誤り自らの手で惨劇を引き起こしてしまいます。業火に燃える市街を目の当たりにして、衛宮切嗣は独り発狂します。

 

 

絶望感にうちしがれながらも、死にものぐるいで生存者を探し、そして遂に、一人の少年(衛宮士郎)を救助する。多くの犠牲者が出ているにもかかわらず、それでも衛宮切嗣は涙を流して喜びます。

 

f:id:mitsumamegamer:20181030174243j:plain

※アニメ『Fate/Zero』第25話

 

『見つけられて良かった』

『一人だけでも助けられて救われた』と・・・。

 

 

確かに『ドラクエⅦ』『Fate/Zero』両作品のエピソードはすっかり同じモノではありません。それでも、

 

 

『クレマン』爺さん

衛宮切嗣

 

両者は共に、たった一人の少年の命に歓喜したのです。

 

客観的に見れば、たった一人の少年が生存していたとしても・・・

被害を受けた町が復興することもなければ、他の町人も蘇りません。大勢に影響は与えず、酷な言い方をすれば・・・『焼け石に水』。

 

 

それでも、たった一人の少年が生存していた・・・その事実に

 

『クレマン』爺さんは、新しい希望を手に入れ、

衛宮切嗣』は、救われます。

 

 なぜか?

 

ワガハイが思うに、本人が抱いていた罪悪感が幾分でも減った為かもしれません。

 

『クレマン』爺さんは、町を襲った石化の悲劇を食い止められませんでした。そして、その後も『天使の涙』を入手することに時間が掛かり、手遅れな状態になってしまった。

それは決して『クレマン』爺さんの責任ではありません。けれども、ずっと本人は後ろめたさや申し訳無さを抱き続けてきたのでしょう・・・。

 

 

 

ダイアラック』では魔物とのバトルはありませんでした。けれども、別にバトルだけがRPG・冒険ではありません。現実世界に出現した『ダイアラック』の町がどのように発展していくのか? じっくり見守っていきたいですにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20181025202943j:plain