黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

ゾンビの居場所など無い? 10月新アニメ ゾンビランドサガ 第二話 レビューの巻

みなさん、アニメ大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー「黒たま」ですにゃん。

 

 

 

10月から放送された新アニメゾンビランドサガ』

続きが気になってしまい、今週も眠り目をこすりながら観てしまいました。

 

f:id:mitsumamegamer:20181008165113j:plain

  ※TVアニメ『ゾンビランドサガ』公式サイト より引用

 

放送開始:201810月〜

放送局:TOKYO MX

制作:ゾンビランドサガ製作委員会

 

 

今回は、第話になります。

話ではかなりぶっ飛んだ面白い内容でしたが、続く第二話ではどうでしょうか?

もしかしたら、トーンダウンしているかもしれません。

 

 

それでは、ゲームではないけど、

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181006070706j:plain

 

どんなアニメなの?

 

ズバリ一言でいえば、コメディ風ゾンビアニメ。

ゾンビとして眠りから覚めた主人公『源さくら』は他のゾンビっ娘たちと

ご当地アイドルグループを結成して佐賀の町おこしをします。

 

 

 

世界を救うことを目標に掲げるアニメもありますが、

ゾンビランドサガ』での目標は、ご当地アイドルの町おこし!

しか〜も、『佐賀』と一地方に限定。

 

f:id:mitsumamegamer:20181009171629j:plain

もしかしたら、聖地巡礼効果を狙っているにゃコレは!

 

 

第二話も、ゾンビアニメとは思えない程に、雰囲気は明るめ。ちびっ子でも安心して観ることができます(深夜放送だけどにゃ・・・)。

ゾンビアニメだけど、明るく演出できた理由の一つに、プロデューサー役『巽幸太郎』の存在を挙げることができるでしょう。

 

f:id:mitsumamegamer:20181012173304j:plain

①佐賀弁丸出しのセリフ

②高すぎるテンション

③いかにも業界人っぽいアクション

が『ゾンビ』の退廃的なムードさえも消し飛ばしてしまうのです。

 

 

ならば、『ゾンビランドサガ』は

第二話ですっかりゾンビっぽさが減少してしまったの?

と問われれば、そうでもありません。『ゾンビ』だからこその悲哀なエピソードがありました。

 

 

 

館をこっそり抜け出す仲間を引き留めようと、『源さくら』は成り行きで夜の街に出かけます。ところが途中、町の若者たちからナンパされた挙句、更に、警官も鉢合わせてしまいます。

街路灯に照らされて運悪くゾンビの正体がバレるや、警官から化物呼ばわりされ容赦なく発砲されたり・・・『源さくら』たちは何も危害を加えていないにもかかわらず散々な扱いを受けます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181010165029j:plain

(でも・・・)

 

 

よくよく考えたら不思議です。

ゾンビとは、元々はニンゲンです。

現代、ニンゲンは生まれながらにして自由、権利、尊厳が認められています。

ところが、死んでゾンビとなった途端、それらが尽く奪われてしまう。

問答無用とばかりに害虫さながらの迫害を受けることになるのです。

 

 

 

 

 

もしも、これがゾンビでなくて、幽霊だったら?

f:id:mitsumamegamer:20181006070503p:plain

両方、ニンゲンに怖がられる存在には違いありませんが、

幽霊に対しては畏敬の念も持ち合わせています。

日本では社を建て、怨念を鎮めたり、決して幽霊を無碍に扱ったりはしません。

英国では、ゴーストはフレンドリーな存在と考える文化もあったりします。

 

 

 

第二話の中で、主人公たちはプロデューサーから『ゾンビ』がどのように扱われるか説明を受けてはいましたが、その時には、ほとんど他人事としか捉えていなかったかもしれせません。

 

 

ところが、実際にニンゲンから受けた理不尽な仕打ちに『源さくら』たちは思いを新たにします。まさに『百聞は一見にしかず』

 

現代社会に自分たち『ゾンビ』の居場所など無い!のだと。

 

 

 

正直、コレは辛いにゃ。

それでも『ゾンビ』として世の中で生きていく為には?

『ゾンビ』であることを隠し通すしかありません。

 

 

『ゾンビバレ』は・・・身の破滅を意味します。

加えて、新たな居場所が必要もなります。そこで『源さくら』たちはプロデューサーに云われるがまま、『アイドル』であることに自分たちの新たな居場所を見つけていく・・・。

 

 

ゾンビランドサガ』第二話に含まれたテーマの一つは、おそらく

 

『居場所』

 

だとワガハイが考えます。

しかし、『居場所』が必要なのは、世の中に生きる『ゾンビ』だけではありません。

生身の『ニンゲン』だって、野良猫だって、カラスだって同じです。

ところが、日頃『居場所』のある者にとって、『居場所』があることの有り難さを実感することは無い。むしろごく当たり前だと思うのかもしれません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20181012173436j:plain

『源さくら』たちは『ゾンビ』になって初めて自分の『居場所』を失った。そして、失ったモノの大きさを痛感しました。作品のキャッチフレーズである『私たち、生きたい!』という内容には、もちろん『居場所』も含まれている。

なぜなら『居場所』無しでは『生きれない』のだから。

 

 

※未だに一人だけ覚醒していないゾンビ『山田たえ』サンだけは、それすら認識していない状態。けれども、思い悩まずに済む点では、或る意味幸せなのかもしれないにゃ。

 

 

 

ゾンビランドサガ』はテンポ良い、サラッと観れるアニメ作品です。

同時に、『ゾンビ』という非現実的なモチーフを通じて、日頃、考えないテーマに一歩踏み込ませて思考させる。いわゆる『思考実験』の場でも有るような気がします。

作品に込められたテーマ性に気づかないと、単なる明るいコメディゾンビアニメで終わってしまう。

 

 

けれども、それでは・・・

モッタイナイにゃ〜。

f:id:mitsumamegamer:20181010171354j:plain