黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

緑色のアイツを探せ! スペースインベーダー The Original Game (SFC版)レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

スペースインベーダー

The Original GameSFC版)》

 

f:id:mitsumamegamer:20180913153545j:plain

 

 

箱と説明書は・・・どこへ行ってしまったのやら。行方不明です。

 

 

発売年:1994

ジャンル:シューティングゲーム

フォーマット:スーパーファミコンSFC

発売元:タイトー

 

 

それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20180904174053j:plain

 

どんなゲームなの?

ズバリ、敵を撃ち落とすシューティングゲーム

レトロゲームで有名な『スペースインベーダー』です。

1978年に登場した名作アーケードゲームが、スーパーファミコンへ移植されました。

SFC版の最大のウリは、自宅のテレビで『スペースインベーダー』が楽しめること

です。

 

 

ところが、実はワガハイ、残念ながらスーファミのハード機は持っていません。

代わりにレトロフリークを使ってプレイしてみますにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180913153919j:plain

 

半年前、部屋の掃除をした時以来、行方不明になってしまったレトロフリーク

七夕の夜に偶然見つけてしまいました。

目覚めよレトロフリーク、いざ活躍の時にゃ。

 

 

 

レトロフリークの長所は、古いゲームでもキレイな画面でプレイできる点。

更に、スクリーンショットも簡単に撮影可能です。

 

f:id:mitsumamegamer:20180913153953j:plain

 古いSFCカセットも、ちゃんと読み込んでくれました〜。やったにゃ。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154036j:plain

 ゲーム起動すれば、画面いっぱいの巨大インベーダーが出てきます!

さらに・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154120p:plain

ひょっとして、このイラストはSFC版で追加されたモノ?

なんか凶悪そうな赤いヤツです。夢の中で追いかけられた怖いにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154144p:plain

 SFC版では、4種類の『スペースインベーダー』から好きなタイプを選ぶ

ことができます。

 

 

どれにしよっかな〜

ワガハイ、どうしても気になってしまうのが

T.Tセロハン』なるタイプです。

 

 

果たして、どんな『スペースインベーダー』なのか?

ドキドキ。

まあ、ちょっと予想はつくけどね・・・

 

 

ポチッと!

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154233p:plain

 

 

見ての通り、色の横縞模様になっています。

アーケード時代の『スペースインベーダー』のゲーム画面が

モノクロオンリーだった時、画面台の上から、カラーセロハンを

貼り付けた・・・という逸話を耳にしたことがあります。

 

 

おそらく『T.Tセロハン』は、その時の状況を再現したタイプなのでしょう。

シブい。シブすぎるにゃ。

レトロゲームファンの心をくすぐるような工夫にゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154313p:plain

 ちなみに、こちらがモノクロ画面。

そういえば、ゲームボーイもモノクロ画面だったにゃ〜。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154351p:plain

 それでもやっぱりワガハイは、

違和感無くプレイできる『T.Tカラー』を選んでみます。

 

 

それにしても、敵の数が多い! 

人海戦術。まさに数は力なり〜とジワジワ攻め込んできます。

 

ピキューン! ピキューン!

 

BGMも流れない中、耳に届くのはミサイルの発射音ばかり。

派手な演出も無く、今の弾幕シューティングゲームと比べると

かなり地味。

けれども・・・その地味さが、なんかグッド!

一撃喰らえば、即アウトのゲーム設定では、自然と緊張感が高まります。

そこにこの地味さが、更に高めている感じがしてならないのです。

 

 

 

実際にプレイしてみれば・・・

なかなかどうして、難しい~。

立ち止まって撃っていると、狙われてしまうので常に左右に動いていなければ

なりません。

けれども、不注意に動きすぎると、飛んでいるミサイルに自ら突っ込んで

しまうことも!

 

f:id:mitsumamegamer:20180904174235j:plain

貴様、ここがゲームセンターだったら、100円取られているぞ!

 

 

そんな鬼軍曹の声さえも心の中に聞こえてきそうな・・・

これは恐るべきゲーム。SFC版で良かったにゃ。

 

 

しばらくの間、プレイしてみると、

SFC版『スペースインベーダー』はサブタイトルに『The Original Game

とあり、昔ながらの『スペースインベーダー』が再現されています。

しかも余計なリメイクはされていない様子です。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154813j:plain

オープニングに登場してきた、凶悪そうな赤いヤツも出てきません。

(会いたかったのにチョット残念だったような)

 

 

 

さて、肝心のレビューについて・・・

スペースインベーダー』は、40年も前から愛されてきたゲーム。

その間、多くのゲーマーさんから色々と批評レビューされてきました。

 

 

ワガハイのブログ記事で改めて言及しても、

 

あ〜、それ知ってるよ!

 

とツッコミを受けるだけです。

ならば、新しい発見は?

うーん、正直出尽くしてしまった感がします。期待できないかもしれません。

そんな風にネガティブに思いながら、プレイしている途中、

ふと気になるコトが・・・

 

 

スペースインベーダー』の侵略者・・・ドンパチしあう敵です。

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154919p:plain

 

敵のタイプは、宇宙船含めると計4種類。

とても侵略者とは思えない、みんなカワイイ姿をしています。

しかし、油断は禁物です。

まるで学校の集団写真を撮る時みたいに、連中がズラッと居並んで・・・

上から2番めの緑色をした侵略者をチェッケラ!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154351p:plain

 

アップしてみますにゃ

 

f:id:mitsumamegamer:20180913155251j:plain

 

 

アレ? アレレ?

最近、何処かで見たことがあるにゃー?

そんな気がしたのです。

 

 

でも、一体どこで?

すぐに思い出せません。

何しろ、相手はいくら可愛くてもインベーダー。

日本語に訳せば、『侵略者』です。

 

 

もしかして、平和な日本に緑色をしたインベーダーがもう紛れ込んでいる?

しかも、ゲームの世界から飛び出てリアルに?

それはとってもデンジャラス。

 

 

ワガハイは第一発見者になるかもしれない!

必死に思い返します。

本屋でも、ラーメン屋でも、コンビニでも無かったような・・・

 

 

きっと気のせいだにゃ。今年の夏は暑かったし。

40年前のゲームキャラに会うことなんて、あり得ないにゃ。

冷えた麦茶でも飲んで、緑色のアイツのことなんて忘れてしまおう。

そう思った時でした。

 

 

何気なく、操作していたスマホの中に・・・アイツは紛れ込んでいました!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913155755j:plain

 

 

此処だったか〜!

しかしです。

注意深く見てみれば、スマホの緑キャラ名前は『ドロイド君』

Androidのマスコットキャラで、決してインベーダーではありません。

 

 

それでも、改めて両者を比較

 

f:id:mitsumamegamer:20180913155251j:plain

緑色のインベーダー

 

f:id:mitsumamegamer:20180913160119j:plain

ドロイド君

 

やっぱり〜なんか〜似ている気がするにゃ。

もしかして、『ドロイド君』の正体は、イン・・・

それとも、パク・・・?

いやいやそんな筈は無いにゃ!

 

 

驚愕の新発見?をしたにもかかわらず、

自分の胸の中にそっとしまう黒たまサンでした。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180913154813j:plain

信じるか信じないかは・・・あなた次第だぜ!