黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

コレって写せるんデスカ? ¥108円ジャンクデジカメ レビューの巻(後編)

みなさん、ゲーム大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》は前回の続きです。

は? 前回? そんなの読んでないよ〜!

 

そんな声も聞こえてきそうで、恐縮です。

ぜひとも前回のブログ記事も読んでみてくださいにゃ。

 

 

 前回からの主役はコレです。

 ↓

f:id:mitsumamegamer:20180816173519j:plain

ジャンクデジカメです。

 

果たして、¥108円でゲットしたデジカメ

SONY サイバーショット DSC-P1

ニックネーム『108号』はちゃんと撮影できるのか?

 

 

今回、幸運にもデジカメを使う上で基本的なアイテム

①デジカメ本体

②バッテリー

③記録メディア

④充電器の代わりにアダプタ

がそろいました。

 

 

現時点で掛かった予算は、

①〜③合わせて¥108

④アダプターが¥108

合計¥216

 

 

安すぎる一方で、ちゃんと動くか心配です。

しかも、このデジカメ『SONY サイバーショット DSC-P1』は、

バッテリー関連の不具合でリコールになったと云う機種。

 

 

まあとにかくアダプターで充電してみたところ、

無事に電源スイッチオン!

試しにシャッターボタンを押してみたら、強烈なストロボが発射~!

 

ひょっとして写真撮影できた?

すごいぞ、108号!

 

 

しかし、肝心なのは写り具合です。

ぼやけていたり、

一部分がかすんでいたり、

怪しげな幽霊ぽいのまで映り込んでいたら、ブログ記事用としては使えません。

 

 

さっそく気になる映り具合をチェックしてみたいけど、

デジカメのディスプレイがとっても小さい。

これって何インチ?

小さすぎて、う〜ん正直画像の映り具合がよくわからないにゃ。

そこで画像をパソコン内に移動してみることにしました。

PSPで使っていたケーブルを繋いでみると、パソコンから接続音は鳴るけど・・・

 

認識していない?

 

なぜ?

 

心当たりは・・・

たぶんドライバーかな。

って、そもそもドライバーって何?

 

簡単にいえば、パソコンに外部機器(カメラ・プリンター)をつなげた時に

認識させてくれるモノ。

これがパソコンに前もって入っていないと、いくらケーブルなどで物理的に

接続してもうんともすんとも反応してくれません。

 

 

おそらく『SONY サイバーショット DSC-P1』対応ドライバーが、

ワガハイのパソコンには内臓されていない。

そのために認識されなかった様子です。

 

 

どうした、マイパソコン!

Corei7は伊達じゃなかったのかにゃ!

って、cpuは直接関係無いような気がします。

いくらなんでも18年前のドライバーまではなかなかフォローしていないでしょう。

仕方無いです。

 

 

ドライバか~どうしよっかな~?

と弱っていたら、ふと頭の中で前回に引き続きアドバイス

  

ドライバーがなければ、

ネットの海から拾ってくれば良いのよ!

 

そ、そっか。

けれども、 18年前のデジカメ対応ドライバーです

ネットでちょっと探してみても、やっぱり見つかりません。

 

 

そこで止む無くドライバーはあきらめることにしました。

デジカメから記録メディアを取り出して、

それをパソコンに差し込んでみることにします。

ちょっと面倒だけど、仕方ないにゃ。

 

 

SONY製デジカメの記録メディアには「メモリースティック」が使われています。

現在主流のSDカードとは異なり、ワガハイのマイパソコンには直接差し込む場所

はありませんが、カードリーダーを使えば、なんとかなりそうです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153144j:plain

 

 こんな時こそのカードリーダーですにゃ。

 フッフッフ。久しぶりの出番です。捨てなくてヨカッタヨカッタ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153206j:plain

 カードリーダーにメモリースティックをセッティング。

 いざパソコンに突き刺してみたら・・・

 

 反応無し!

 

またもや、うんともすんとも言わないのです。

この潔さには、却って清々しさまでも感じてしまいます。

 

でも、なぜ?

 

デジカメ『108号』に続いて、カードリーダーおまえもかにゃ?

半分パニック状態のワガハイは、

思わずPSPで使用していたメモリースティックを取り出しました。

正確に言えば、『メモリースティックPRODUO』ですね。

これをカードリーダーに差し込んでみたら・・・

 

今度はちゃんと読み込んでくれたのです。

 

にゃにゃ。

どうやらカードリーダー自体は壊れていないみたい。

手元にある2枚のメモリースティックを並べてみます。

f:id:mitsumamegamer:20180824153025j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153045j:plain

 じっと見つめていたら・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180824152945j:plain

 

あ!にゃるほど!

 

気が付きました。

SONYメモリースティックでも、型番やらタイプが色々とあるのです。

デジカメ「108号」に入っていたモノはいわゆる初期型。

今、巷で活躍しているカードリーダーでは既に非対応、読み込めなくなっている

のでしょう。

 

 

ならば、カードリーダーでも古めのモノがほしー!

108円デジカメを買った店に再び顔を出します。暇そうな店のマスターに

渋めの声で語り掛けます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180816182732p:plain

『マスター。アレ・・・ある?』

 

f:id:mitsumamegamer:20180824152858j:plain

『・・・あるヨ』

 

f:id:mitsumamegamer:20180824152727j:plain

 

というわけで、古めのカードリーダーをゲットしました。

お値段は、¥108円。

ジャンク品なので、壊れていないことを願うのみです。

まあ、たぶん大丈夫。だってBUFFALO製だもん!(ニャンちゃって)

 

f:id:mitsumamegamer:20180824152700j:plain

 

今度こそは!

古いメモリースティックと古いカードリーダー。

ベテラン同士で相性は抜群のはず。

 

そいや!

不退転の覚悟で、セットすれば・・・

ようやくパソコンで認識することができました。

※実は、画像での差し込み方が反対になってます。

 これでは読み込んでくれません。

 慌ててメモリースティックを裏がえして差し込み直しました。

 

 

やっとですにゃ。

これでやっとカメラで撮影した画像の映り具合をチェックできる。

長かった~。

 

 

ワガハイが一番最初に撮影した画像を発見!

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153254j:plain

 

コレです。

なんじゃこれはー?

シャッターをまともに浴びて、なんだかスゴイ画像になっています。

しかし、本番はこれからにゃ。

たった独りの撮影会を開始~!

(って、独りでもなんだか楽しそう)

 

夏の夜、月がキレイだったのでロマンチックなワガハイは

シャッターチャンスとパチリ。

 

さて映り映えは・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153320j:plain

 

うーん。だめじゃーん。

「これは月です。月なのです!」と説明しないと理解してくれないかな。

 

 

それでは別のモデルを探してみます。

平面的なイラストよりも、立体的なブツの方が検証用としては適しているでしょう。

そこで、じゃじゃーん。

※ちなみに、比較用として、スマホカメラでも撮影してみました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153405j:plain

スマホで撮影したアヒル 解像度1280×720

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153523j:plain 

SONY サイバーショット DSC-P1』ニックネーム『108号』で撮影

解像度1280×960

少しアップになってしまったけど 

けっこうイケてる?

 

おまけでワガハイ『黒たまサン』もモデル撮影してみました。

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153711j:plain

 ↑

スマホで撮影 解像度1280×720

 

f:id:mitsumamegamer:20180824153815j:plain

 ↑

『108号』で撮影 解像度1280×960

 光の加減が良くなかったのか?ちょっとぼやけた感じです。

決してホコリまみれな状態なのではありませんので・・・

 

 

とにかくです。『108号』は近くのモノを撮影する分には、オーケーみたい。

ヨカッタヨカッタ。

お月様は・・・やっぱり遠いもんね。

 

 

しかも、心配していたバッテリー不具合も

すぐにバッテリー切れにもならず、今のところは異常無し!

ブログ記事撮影用カメラとして、なんとか合格点が挙げられます。

もちろん、インスタグラムにアップするぐらいのキレイな画像を撮影すること

は難しいけど、ワガハイとしてはこれで十分ですにゃ。

 

 

 

まとめ

 

今回、ブログ撮影用ぐらいで使えるジャンクデジカメをトータル¥324円にて

ゲットすることができました。

※タイトル記事には、¥108円と書いてありましたが、

アダプターやらカードリーダーやらで、結果として金額が上回ってしまいました。

 

街中でみかけるジャンクカメラも状態はピンキリです。

ただ年式が古すぎるだけで、カメラ自体が壊れていないモノであれば、

まだ十分に使うことができます。

 

 

しかし、購入する際に注意すべき点も分かりました。

 

 

注意:その1

 

トータルでいくら掛かるの?

 

デジカメを使うために必要になる基本的なアイテムは、以下の①~④です。

①デジカメ本体

②バッテリー

③記録メディア

④充電器またはアダプタ

 

①~④まで全てを、いくらで入手できるのか?

このことを頭に入れておく必要があります。

 

 

①デジカメ本体だけが安くても、②~④が高くなってしまっては本末転倒。

時々、①~④すべてがそろった、いわゆるセットのジャンク品もみかけます。

もちろん、¥108円でゲットすることは難しいと思いますが、全体の予算が

把握できるので、買うか買わないかの検討はしやすくなるでしょう。

 

 

 

注意:その2

③記録メディアのデータをパソコンで取り込めるか?

 

古いデジカメになればなるほど、それに対応した記録メディアも旧式になります。

基本的にSDカード以外の記録メディアをパソコンに接続する場合には、

外付けUSBカードリーダーが必要になってきます。

けれども、現在主流のカードリーダーでは、旧式メディアが読み込めない・・・

いわゆる非対応の恐れがあります。そこで別の旧式カードリーダーが必須になります。

 

  

注意その3

バッテリーの寿命はどうか?

 

せっかくバッテリー付でも、ほとんど充電できずに用途がなさないダメダメな

バッテリーもあります。

ならば、バッテリーだけ新しく入手しよう!

としても、すでに販売終了になっているケースも十分に想定されます。

一方、古いデジカメの中には、従来型のバッテリーではなく、乾電池で

起動するタイプもあります。

乾電池ならば、今でもお手軽に入手できるので、古いデジカメ自体も長く

使えることができます。

 

 

そんな感じでこれからのブログ撮影には

この『108号』をちょくちょく使っていこうかと思います。

インスタにもアップしてみたりして・・・

f:id:mitsumamegamer:20180816182138j:plain