黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

お姫様の武器は鉄のツメ! ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち レビュー②の巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

ドラゴンクエストⅣ》

PlayStation

 

 

発売年:2001年

ジャンル:RPG

フォーマット:PlayStation

発売元:エニックス(スクエア・エニックス

 

 

 

前回のブログ記事で、ドラクエⅣ 第一章についてレビューしました。

今回引き続いて、第二章にチャレンジしてみまーす!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160351j:plain

 

 

それでは、

f:id:mitsumamegamer:20180612165051j:plain


 

 

第二章の主人公は、『アリーナ』 お姫様です。

ドラクエシリーズで、女の子が主人公という設定は珍しい。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160449j:plain

 

 

アリーナは王様である父親の反対を押し切って城から抜け出します。

力だめしの旅に出ました。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160525j:plain

 

旅のお供に、二人の家臣が付いて3人パーティ。

第一章に比べて、賑やかさが増してきた感じ。

旅の途中、立ち寄った城で武術大会に参加することを求められます。

 

 

 

なんと、大会の優勝者は、褒美として『エンドロール城』のお姫様と結婚できる!

と、王様は半ばムチャな約束をしてしまった様です。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160559j:plain

 

そこで主人公アリーナは結婚したくないお姫様の為に、優勝を目指します。

勝負は1対1の勝ち抜き戦。

 

 

5人勝ち抜けば、決勝戦に出られます。

つまりは6連戦みたい。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160637j:plain

武術大会の試合会場は、コロッセオ

 

 

どんな対戦相手が出てくるのか?

アリーナ姫(黒たまサン)は優勝できるのか?

 

激戦! コロッセオバトル!

 

一人目の対戦者は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160712j:plain

『ミスター ハン』

見た目はカンフー。まさに武術家らしいタイプです。

しかし、画面をよく見れば・・・なぜか『1匹』扱いされてます

可哀想

 

対する、アリーナ姫の装備は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160755j:plain

 

武器:鉄のツメ

装備:くさりかたびら

 

って、まるで忍者みたいな装い。

姫らしさはゼロ。

それにしても、主人公の装備が『鉄のツメ』とは、

なんだかビミョウな気がします。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160840j:plain

 

 

『ミスター ハン』を撃破!

特に苦戦しませんでしたね。えっへん。

 

 

さて、二人目は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160858j:plain

ラゴス

クロスボー使いです。

別のゲームの主人公みたいな外見。

しかし、武術大会に飛び道具で参加するのは、なんかズルい気がします

 

 

ワガハイ、このラゴス相手に結構苦戦!

攻撃パターンは、ただ弓を撃ってくるだけですが、

弓がビシバシ当たります。

やくそうで回復することを忘れたら、あっという間にやられてしまいましたー。

 

 

とほほ

たくさん『やくそう』を持って参加すれば良かったにゃ。

加えて、ちょっとレベル上げしましょか。

f:id:mitsumamegamer:20180619160936j:plain

 

城から出て近くを徘徊していたら、なんとメタルスライムとばったり!

倒せば、たくさん経験値がもらえます。

そりゃ

 

かいしんのいちげき~!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161005j:plain

 

ナイスなタイミングで出ました。

おかげでレベル13にアップ!

 

 

さて、武術大会にリベンジ。

今度は『やくそう』をたくさん持っていきたいので、

余計なアイテムは仲間に渡してしまいます。

『皮のぼうし』も装備しなくても、たいして守備力が変わらない様な気が・・・

あっさり装備から外します。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161119j:plain

やくそうのオンパレードにゃ~

 

流石に、『くさりかたびら』だけは装備しておきます。

そして・・・

 

 

 

喰らえ、ベアークロー! 気分はウォーズマン

f:id:mitsumamegamer:20180619161242j:plain

ボウガン使いに勝利!

 

 

3人目の対戦相手は、

f:id:mitsumamegamer:20180619161322j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161342j:plain

 

『ビビアン』

って、アリーナ姫以外にも女性の参加者がいました。

しかもバニーガール?

職業は『あそびにん』かと思いきや、ヒャド放ってきます!

しかも、ベホイミで回復まで。けっこうスペック高めかも〜。

 

 

しかし、魔法を連発していればMPも尽きてしまいます。

魔法を使えない『ビビアン』は、単なるバニーガールでした。

そこにアリーナ(黒たま)の攻撃〜!

 

 

コーホー

ベアークローが炸裂!

 

コロッセオに血の雨が降ります。

主人公なのに、ヒール感がしてなりません。

とにかく勝利です。

 

 

 

気を取り直して、4人目の対戦者カモーン!

f:id:mitsumamegamer:20180619161430j:plain

 

『サイモン』登場

今度はヨロイ武者?

そういえば、『ドラクエ』には、こんな敵キャラがいましたにゃ。

魔物かと思っていたのですが、もしかしたらヨロイの下はニンゲン?

 

ヨロイ相手に『鉄のツメ』は通用するのか?

 

ベアークロー!

って、アリーナ姫の攻撃手段はコレしかありません。

姫なのに、今まで魔法を教わっていなかったようです。

 

 

まるでノーガードの殴り合いみたいなバトル

ゴリ押し的に勝ちました。

 

 

さて5人目の対戦相手は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161559j:plain

 

ベロリンマン』!?

 

 

もはやニンゲンじゃないじゃーん!

しかし、忍者みたいに分身の術を使ってきます。

 

 

どれも見た目はそっくり。

4体の内、どれに攻撃するかチョイス。

確率25%ですが、これがなかなか当たらない!

まぼろしを攻撃してしまったら、本物の『ベロリンマン』が舌を出して

挑発してきます。くやしー

 

 

それでも、どうにかベア―クローで粉砕!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161720j:plain

 

 

このあと、ちょっとしたアクシデントが起こりますが

ネタバレになってしまうので省略〜

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161803j:plain

 

アリーナ(黒たま)、武術大会優勝!

 けっこう大変だったかも。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161854j:plain

 

『エンドロール城』の王様と姫からお礼を言われましたが

ゴールドやアイテムなどの報酬は無し!

しかも、経験値ももらえなかったので

ある意味、ボランティア的な雰囲気漂うイベントでした。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619181150j:plain

(そういえば・・・)

 

 

第二章は、最初からずっと3人パーティでプレイしてきました。

ところが、武術大会イベントでは、たった一人だけのバトルに・・・。

 

 

そのバトルも

 

①『こうげき』

②『どうぐ』でやくそうを使ってHP回復。

 

の2項目しか『アリーナ』は実質選べません。

そのためか、タンパクなバトルになってしまった感じでした。

 

 

パーティメンバーの

クリフトとブライ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162040j:plain

初めは、二人のメンバーが後ろにピッタリとついてきて

ウザイにゃー、と内心思っていましたが、

いざ居なくなって初めてわかりました。

パーティメンバーの有り難みというモノが・・・(しみじみ)

 

 

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

 

 

 

そういえば、似たようなニュアンスの歌があったにゃ〜。

歌詞はここでは書けないのでご容赦ください。

無性にハーモニカを吹きたくなった黒たまサンでした。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162341j:plain