黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

ガンバレ『まきはら』! プロ野球 ファミリースタジアム レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

 

最近のワガハイは、ファミコンソフトに夢中!

30年前のレトロゲームですが、今も十分に楽しんでいます。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

プロ野球 ファミリースタジアム

 

 

発売年:1985

ジャンル:スポーツゲーム

フォーマット:ファミコン

発売元:ナムコバンダイナムコエンターテインメント

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524073437j:plain

 

当時、ファミコンカセットのケースといえば、紙でできた箱でした。

出し入れしていれば、傷みやすくボロボロになってしまいます。

けれども、ナムコファミコンカセットのケースは・・・

 

プラスチック!

 

おかげで30年経った今も、捨てることなく健在。

スバラシー!

 

 

それでは、

f:id:mitsumamegamer:20180522161221j:plain

 

どんなゲームなの?

 

ズバリ、野球ゲームです。

ファミコンの野球ゲームといえば、『ファミスタ』!

その記念すべき初作品になります。

 

 

 

カセットケースの裏を見てみると・・・

f:id:mitsumamegamer:20180524073542j:plain

 

『ばあす』

あの伝説のホームランバッター?

 

 

プロ野球 ファミリースタジアム※以下、『初代ファミスタ』と省略

1985年のプロ野球データを参考に作られた様です。

 

 

 

1985年といえば、阪神タイガースが吉田監督の元、21年ぶりのリーグ優勝を

果たし、ついには日本一に輝いた年でもあります。

阪神タイガースの印象的な試合で思い出すのは、

バース・掛布・岡田のクリーンナップトリオが3者連続でホームランを

打った試合でしょう。

 

 

あの時のピッチャーは、ジャイアンツの槇原投手。

まさか3連続ホームランを浴びるとは本人も想像していなかったに

違いありません。

 

 

 

今は2018年。あれから、33年もの歳月が流れました。

もう一度、あの勝負を!

この『初代ファミスタ』ならば、可能です。

 

 

ただし、当時の試合をそっくり再現する訳ではありません。

バース・掛布・岡田トリオで3連続ホームランを打つのでは無い。

 

もしも、

ジャイアンツの槇原投手が見事に抑えこんだら?

 

 

事実とは異なる、いわゆるIFプレイをしてみたくなったのです。

 

 

 

果たして、槇原投手・・・

いえ『初代ファミスタ』の『まきはら』は無事に抑えこむことが

できるのでしょうか?

全てはワガハイのプレイに掛かっています。

 

f:id:mitsumamegamer:20180524073722j:plain

(負けられない試合がココにあるにゃ!)

 

 

 

ということで、

 

ガイアンツ(黒たま) VS タイタンズCPU)

 

プレイボール!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524073806j:plain

 

もちろん、ワガハイのガイアンツ先発ピッチャーは『まきはら』をチョイス!

防御率4.10は、あまり良い成績ではありません。

それでも、9回完投を目指します!

 

 

ガンバレ『まきはら』!

 

 

ファミスタの試合は白熱していきます。

ここから先は、

黒たまサンの名作劇場『初代ファミスタ

もしかしたら、こんなやり取りがあったかもね?

 

 

ガイアンツせんぱつ投手『まきはら』・・・

序盤から全力投球を続け、スタミナ切れを起こす。

90キロ台のストレートと60キロのスローボールしか

投げれられなくなった彼は、もう限界に達していた。

 

 

ブルペンには、『かとり』と『すみ』がスタンバっている。

『えがわ』は・・・うたた寝している。

セオリーとしては、ここはピッチャー交代。

8回ウラは『すみ』

9回ウラは『かとり』

を投入して逃げ切るのが当然の作戦にゃった。

 

 

しかも、8回ウラには『ばあす』・『かけふ』・『おかだ』の

クリーンナップトリオの打順が回ってくる。

黒たま監督の脳裏に、あの4月17日甲子園球場

3者連続ホームランの悪夢が蘇ってきた。

 

 

 

黒たま監督はベンチから立ち上がるや、

満身創痍の『まきはら』へと歩み寄り静かに語りかけた・・・。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524073722j:plain

『まき』にゃん・・・最後まで行けるか?

 

 

 

(まき)

・・・

 

 

『まきはら』には監督の声も届いてはいない。

ただ右手を何度も握り返している。

すでに握力はほとんど失われているのだろう。

黒たま監督は『まきはら』の肩に手を置いた。

 

 

 

 

(黒)

オマエはよく投げたにゃ。

よくぞここまでトリオを抑えこんでくれた・・・

5回ウラに『まゆみ』に2ラン浴びちゃったけどね(嫌味)。

 

 

(まき)

8回ウラは、『ばあす』たちに回ってきます。

しかし、自分のストレートではもう・・・

 

 

(黒)

いいか、『まき』にゃん。優れたピッチャーの条件とはなんにゃ?

 

 

(まき)

え? それは・・・

 

 

(黒)

スピード? スタミナ? 変化球のキレ具合?

 

 

(まき)

わかりません。それに、自分はどれも自信がありません。

 

 

(黒)

どれも違うにゃ。唯一の条件とは、

どんなパワーヒッター相手でも屈することなく立ち向かう度胸にゃ!

 

 

(まき)

黒たま監督・・・

 

 

(黒)

『まき』にゃんにはそれがある。

次のイニングこそが、トリオとの真の勝負の時にゃ。

33年前に受けたあの屈辱を晴らす時がやってきた。

ガイアンツに『まきはら』ありと見せつけてくるのにゃ!

 

 

(まき)

サー、イエッサー!

 

 

(黒)

よ〜し、投げてこいにゃ!

 

 

 

そして、球史に残る?名勝負が『初代ファミスタ』で繰り広げられろうとは

誰も知らなかったのであります。

 

f:id:mitsumamegamer:20180524074104j:plain

7回まで終わり、ここまで7−3でガイアンツがリード!

 

 

 

8回ウラのタイタンツの攻撃

しかーし、『まきはら』は先頭打者2番『よしたけ』にヒットを打たれる。

ノーアウト、走者1塁。

 

f:id:mitsumamegamer:20180524074130j:plain

伝説のホームランバッター3番『ばあす』の登場!

さすがは『ばあす』

『まきはら』の90キロストレートをあっけなく弾き返す!

 

レフト前ヒットにゃ!

 

 

続く4番『かけふ』をどうにか内野フライに抑えるも、

ワンアウト、走者は1塁、2塁。まだピンチは続く〜。

 

f:id:mitsumamegamer:20180524074201j:plain

そして、強打者5番『おかだ』登場!

スタミナ切れの『まきはら』は、

90キロのストレートと60キロのスローボールしか投げれません。

 

 

南無三!

とばかりに投げ込みます。

 

 

容赦なく『おかだ』打ったー!

 

打球は?

 

強烈な打球がゴロで転がっていく。

しかし、運良くショートの真ん前!

そいやっ!

6ー4ー3のダブルプレイで、スリーアウトチェンジ!

 

 

 

『まきはら』・・・無事に、トリオを抑えきったにゃ!

正直ヒヤヒヤしたにゃ〜。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524083720j:plain

 

そして、ゲームはついに9回ウラ。

依然、7ー3でガイアンツがリードのまま、

『まきはら』は最後のマウンドに立つ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524073722j:plain

(涙で画面がかすんで良く見えないにゃ)

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524083830j:plain

 

ランナーを2塁まで許すも、とうとう2アウトまでこぎつける。

バッターは・・・ピッチャーの『やまもと』。

タイタンスはピッチャーが残っていないので、代打は送れない様子。

 

 

チャ〜ンス!

 

そして・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180524083908j:plain

 

ゲームセット!

『まきはら』、見事に完投勝利にゃ!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180524083937j:plain

 

ナムコットスポーツに、試合の結果が報じられます。

地味です。

あれだけ頑張った『まきはら』の『ま』の字もありません。

 

 

 

ということで

33年ぶりのガイアンツVSタイタンツ伝統の一戦は、

『まきはら』のリベンジ成功でフィナーレを迎えました!

 

 

 

2018年現在の野球ゲームに比べると、

ファミコンの『初代ファミスタ』は無い無いづくしで物足りなさを

感じるかもしれません。

 

 

 

けれども、遊び方によっては、色々と楽しめます。

お次は、レイルウェイズをプレイしてみよっかな〜。

阪急、南海、近鉄の3球団合同チームなんて強すぎるにゃ。

『ブーマー』いるかな?楽しみにゃ。

 

 

 

おまけ①

f:id:mitsumamegamer:20180524084108j:plain

ガイアンツの『くろまて』・・・なぜか、白いデス

 

 

おまけ②

f:id:mitsumamegamer:20180524084141j:plain

ガイアンツの代打に、なんと『おう』サンが! 

 

 またね~