黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

妖怪城へゴー! ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境 レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

今日でGWが終わってしまいますね。

思えば、あっという間な感じでした。

 

 

さて、気を取り直し、

今回の《積みゲータワー攻略日記》チャレンジしてみるソフトはコレ!

 

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境

 

 

発売年:1986年

ジャンル:横スクロールアクションゲーム

フォーマット:ファミコン

発売元:バンダイ

 

f:id:mitsumamegamer:20180506125740j:plain

30年以上前に発売されたカセットですが、けっこう良い状態です。

 

あや?

画像に入り込んでいる、黄色と茶色の縞々模様は何?

 

 

チョット拡大。

 

f:id:mitsumamegamer:20180506125938j:plain

寂し気デス。今日でGWが終わってしまうから?

じっと外を眺めながら、独りたそがれています。

 

 

そっとしておいて、ワガハイは

f:id:mitsumamegamer:20180506130132j:plain

 

どんなゲームなの?

 

ズバリ、アクションゲームです。

 

プレイヤーは鬼太郎を操作しながら、ボス妖怪が待ち構える『妖怪城』

めざして進みます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506130507j:plain

なんとも、ファミコンソフトっぽいスタート画面ですにゃ。

 

スタートボタンを押すと・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180506130622j:plain

いきなりマップ画面に切り替わります。

導入ストーリーとか、オープニングシーンとか、一切ナシ!

 

 

 

よく見れば、アチラこちらに門みたいなモノ『魔境』が建っています。

そして、中央左側には城が!

たぶんアレが『妖怪城』なのでしょう。

 

 

 

ワガハイ、個人的には『妖怪城』なんて怖くて行く気になれません。

そっとしておいてあげたい気分ですが、

それではゲームにならないので

 

攻略しますにゃ!

 

ちなみにマップ全体が、1ステージということです。

その中に複数の『魔境』が待ち構えています。

 

頼も~!

 どぉ~れ。

 

って感じで、最寄りの『魔境』に入ってみたら

 

f:id:mitsumamegamer:20180506131254j:plain

 横スクロール画面に切り替わりました。

一体、何をすれば良いんにゃ?

判らぬまま、Aボタンを押してみたら、頭から髪の毛が飛んでいきます!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180504173319j:plain

おおっ!コレは!

鬼太郎お得意の『髪の毛針』

しかも弾数は無制限。でも、たくさん撃っていたら、ハゲちゃうかもね?

 

 

 

とにかく、一定数の敵を倒していきます。

なんだか『忍者じゃじゃ丸くん』をプレイしているような感じがしてきます。

f:id:mitsumamegamer:20180506203834j:plain

※『忍者じゃじゃ丸くん』1985年発売 ジャレコ

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506135131j:plain

あっ!

ねずみ男』発見!

 

 

味方?アイテムくれるの?

と思いきや、鬼太郎に向かって攻撃してきます。敵ですにゃ!

 

 

 

やがて、画面上のドクロマークをゼロにすると・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180506131421j:plain

二つの扉が出てきました。

実は、それぞれ行先が違います。

 

 

一つの扉をくぐれば、マップに戻れます。

もう一つの扉には、中ボスが控えています。

 

 

えいやっ!

とばかりに飛び込んでみましょう。

 

f:id:mitsumamegamer:20180506132135j:plain

おお!

今度は縦スクロール画面にチェンジ。

中ボスの待つ最上階を急ぎます。

まるで『アイスクライマー』をプレイしている気分です。

 

 

数種類登場してくる、中ボスのなかで

ワガハイが一番驚いたのは・・・

f:id:mitsumamegamer:20180506132301j:plain

ドラ〇もん?

 

 

チョット似ている気がするけど、違うよね。

名前は、『たんたん坊』

別モンですね。牙、生えているし・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506132706j:plain

 無事に中ボスを倒し、

3か所の魔境をクリアーしていけば

城の前で誰かが出てきました。

 

f:id:mitsumamegamer:20180506132812j:plain

このヒトは・・・

砂かけ婆』みたいです。

ドット絵にもかかわらず、それらしい感じは伝わってきますね。

 

そして遂に、『妖怪城』へゴー!

 

 

どんなボスが待ち受けているの?

きっと強くて怖そうな妖怪ですにゃ。

 

 

しかーし、現れたボスとは!

 

f:id:mitsumamegamer:20180506133116j:plain

なんじゃありゃ!

ギターを奏でながらやってきたのは、なんとも変な妖怪でした!

音符を飛び道具代わりに攻撃してきます。

 

 

どうしよ?

 あの音符に触れたら、一発で即アウトです。

 

 

よく見れば、画面下に『ぬりかべ』と『子泣き爺』がいる!

『魔境』にて、アイテム『オカリナ』をゲットすれば出現してくれる、

いわゆるお助けキャラです。

 

 

 

けれども、ワガハイは助っ人の呼び方がワカリマセン。

チュートリアルとかも無かったし、説明書もすでにありません。

ガチャガチャ、コントローラーをいじっても反応無し。

 

むむむ~。

 

 

仕方ないので、

とにかく鬼太郎のアタマを前へ突き出し『髪の毛針』で攻撃にゃ!

髪の毛全部なくなっても・・・

ハゲても良いから・・・

とにかく連射します!

 

 

 

どうにか倒せたら、ステージ1はクリアーです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180506134554j:plain

次は、ステージ2

 

f:id:mitsumamegamer:20180506134819j:plain

ステージ2の『妖怪城』にいるボス

妖怪、輪入道みたい?

ワガハイの鬼太郎・・・敵に背中をみせて逃げてますね~。

 

 

 

こんな感じで『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』をプレイしてみました。

ゲーム中に、飽きが来ない工夫が随所に見られました。

具体的には、5つほど。

 

 

工夫その①

登場する妖怪の種類が多い

 

 

工夫その②

マップの『魔境』の位置がプレイするたびに変わる。

f:id:mitsumamegamer:20180506130622j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180506140010j:plain

毎回、微妙に『魔境』のある場所が変わってる~。

 

 

工夫その③

『魔境』がバリエーションに富んでいる

 

f:id:mitsumamegamer:20180506140139j:plain

一定数の敵を倒す『魔境』もあれば・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506140158j:plain

後ろから付いてくる『つるべ火』を使って、ろうそくに

灯りをともしていく『魔境』もあれば、

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506140442j:plain

待つにゃ~!と魂を集める『魔境』もあります。

 

 

工夫その④

簡単なようで難しい

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』は、ミスするたびにじわじわと体力が

減っていくライフ型ではありません。

1回のミスで即アウトなゲームシステムになっています。

 

 

そのため、各『魔境』に慣れてきても油断は禁物です。

早く『妖怪城』にたどり着きたい気持ちが高まると、

思わぬザコ敵にやられてしまうことも!

 

 

イージーミスは許さへんで~と言わんばかりの、

気が抜けないゲーム設定にされています。

 

 

工夫その⑤

ボス戦は戦略的にプレイできる!

 

 『妖怪城』でのボス戦は、非常にスリルがあります。

なんと、対決するボスの体力はライフ制です。

けれども、こちらの鬼太郎は一回攻撃受けたら即アウト。

 

 

かなり不利に思える状況下で、どうやったら勝てるのか

ごり押しで勝つには、チョット無理があります。

 

 

そこで、武器を変更してみたり~

お助けキャラを呼んでみたり~

 

 

闘い方をプレイヤー自身が考える。

コレも飽きが来ない工夫の一つと云えるでしょう。

 

 

まとめ

今までにファミコンソフトはたくさん登場してきました。

しかし、中には単調な作りをしているソフトも少なくありませんでした。

 

 

その中で『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大庵境』は横スクロールアクション

ゲームを基本にして、先にレビューした①~⑤のように、

プレイヤーを飽きさせない工夫がされていました。

当時、ゲーム会社の人たちはきっと丁寧にゲームを作ってくれたのでしょう。

感謝です。 

 

 

 

ちなみに『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』の続編がファミコン

出ていると噂で聞きました。

もしかしたら、《積みゲータワー》の中に埋もれているのかも?

 

 

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180506142548j:plain