黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

コレって掘り出し物?ORハズレ?ジャンクなMacBook( A1181)を¥1,080円でゲットの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

 

 先日、フラリと夜の街を散歩していたら、

あるモノを見つけてしまいました。

コレですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180425125146j:plain

 

チョット拡大しすぎたので、遠くからもう1枚パシャリ!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425125222j:plain

 

ノートパソコンです!

しかも、MacBook』。

けれども、返品不可いわゆるジャンク品です。

思えば、デスクトップ型のMacパソコンはジャンク売り場でもたびたび見かけます。

一方、『MacBook』などのノートパソコン型はなかなか御目にかかれません。

あったとしても、ジャンク品なのに、やたらと高い値段設定で手が出せないにゃ。

 

 

 

MacBook』かにゃ~。

やっぱり高いんじゃないの?

と恐る恐る値札シールを見てみたら・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180419230604j:plain

こ、これは!?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425125725j:plain

なんと!

¥1,080円(税込み)

 

 

安っ!

見た目は、あまり傷もありません。

キーボードのキーも、一か所も剥がれてはいません。

パッと見では、状態がよさそうです。

 

 

 

その場でアダプターを付けて電源オンしたいのだけど、

あいにく、専用アダプターが見当たらない~。

 

 

 

どうしよ?

ワガハイは悩みます。

買うか? それとも、買わざるべきか?

 

MacBook』は持っていないので是非とも欲し~。のが本音。

そこで

『くださいにゃー』

思い切って買ってしまいました!

 

 

 

ルンルン~!

鼻歌まじりで家に帰ります。

さっそくテストしてみよっかな~。

MacBook』を開いたその時でした。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180419230604j:plain

あ? やや?

ワガハイは見つけてしまいました。

中から虫が?いえ、違います。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425130658j:plain

光の当たり具合で、つい見落としがちなのですが、

よくよく見たら、液晶ディスプレイの左端が上から下までずーと

怪しい状態になっているのです!

 

 

 

ホコリ、汚れなのかな?

試しにウェットティッシュでふいてみます。

しかーし、全然キレイになりません。

 

 

 

って、事は・・・

画面割れ?

 

f:id:mitsumamegamer:20180425130938j:plain

しまったにゃ~!

ハズレ? ハズレだったの?

ワガハイ、めまいに襲われます。

ジャンク品として扱われるには、それぞれ理由があります。

この『MacBook』が¥1,080円と安かった理由は・・・コレか~!

 

 

 

思わず、

『謀ったな・・・シャア!』

と叫びたくなります。でも、別にシャアは悪くありません。

MacBook』を見つけて、浮足立ってしまったワガハイのミスです。

 

 

 

確かに、画面割れディスプレイも状態によっては使えない事もありません。

でも、売り場で蛍光灯の光にかざして

念入りにチェックしておくべきだった~。

 

 

それ以外に、欠陥箇所はあるの?

もうヤメて、カンベンにゃ。

それでも、引き続いてチェック!

 

 

 

そいや!と『MacBook』をひっくり返してみます。

小さな文字で何やら記されています。

涙でかすんでよく読めないけど・・・

f:id:mitsumamegamer:20180425131700j:plain

モデルは、『A1181

 

f:id:mitsumamegamer:20180425132229j:plain

 『2006』と記されていることから、おそらくは2006年モノなのでしょう。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425132542j:plain

 

普通、ノートパソコンの裏側には、

メモリを入れる場所や、HDDを入れる場所などのカバーがあります。

けれども、この『MacBook』には、カバーは無し。

バッテリーが取り外せるだけです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180425132632j:plain

バッテリーを外してみると・・・

こんな感じですね。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425132723j:plain

さらにミニドライバーで、L字型のカバーを外してみます。

すると、2本の見慣れぬ棒みたいなモノが出現!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425132825j:plain実は、2本の棒はレバーになります。

コレを右から左へと引くと、中に差し込まれていたメモリを外すことができます。

おお~!

見たことが無かった、驚きの構造になってます。

 

 

しかし!

メモリを外すのはカンタンなのですが、中に差し込むことが難しいのです。

あまり力を入れすぎると、壊れてしまいそうだし・・・。

 

 

 

 さて、お次はこちら

f:id:mitsumamegamer:20180425133153j:plain

この白いテープみたいなモノを引っ張ると

 

f:id:mitsumamegamer:20180425133238j:plain

えいや!

 

f:id:mitsumamegamer:20180425133301j:plain

じゃじゃーん。

HDDが出てきます。

なるほどね~。チョットおもしろい作りになってますね。

 

 

 

ということで、

いよいよACアダプターを付けて電源をオンにしてみます!

と、その前に急用ができたので、バッテリーに充電だけさせておきます。

 

 

って、ホントのところ

ワガハイ、あんまり気がすすみません。

きっと派手に画面割れしているのだろうな~。

 

 

 

ポチ!

 問題無く、電源ついてくれました。

頭の中といえば、

画面割れ。ハズレ。画面割れ。ハズレ・・・

とリフレインするばかりで、

 

ちゃんと電源がつくかなんて忘れてしまっていました。

 

f:id:mitsumamegamer:20180425133505j:plain

あ、あれ?

キレイにゃ。

全然、画面割れて無い。

ちなみに、液晶ディスプレイの白に多少のムラがあるのは、

ワガハイのカメラテクニックが下手なだけです。

 

 

 

意外にも液晶は問題ないみたいです。

ならば!

 

f:id:mitsumamegamer:20180425133716j:plain

さっそくリナックスOSをインストールしてみました!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180425133752j:plain

ふむふむ。

メモリを2枚入れたので、合計約2GB

気になるCPUは、 Core Du T2400 

2コアのCPUですね。

 

 

ネットで『A1181』について、詳しく調べてみたら、

モデルは、Early2006

13.3インチ光沢ワイドスクリーン

メモリ PC2-5300

発売当時に対応していたOSは、 Mac OS X v10.4.6 Snow Leopard

 

 

 

iBookを継承した、『macbook1.1』と呼ばれる、初代『MacBook』と判りました。

最新MacOS High Siera10.13のインストール対象機種からは外れており、

仮にインストールできたとしても、スペック上、快適には使用できないでしょう。

けれども、LinuxOSならば、十分な動作環境を満たしています。

 

 

 

ただ、

重さが2kgちょっとあるので、持ち運ぶのはツライ。

SDカードスロットが無いも残念な点です。

 

 

 

 とにかく画面割れしていなくてヨカッタにゃ~。

それでは、 この『MacBook』が¥1,080円という安さで売られていた理由は

なんだったんだろう?

電源入れる前に、ディスプレイを見て画面割れと判定してしまったのか?

2006年モノなので、最新MacOSをインストールできないから?

(よくワカリマセンにゃ・・・)

 

 

 

2006年に発売された12年前のシロモノですが、

真っ白な筐体に、シンプルさを極めたデザイン性

なんともオシャレに思えてなりません。

例えてみたら、オシャレなクラシックカーみたい?

これから大事に使おうと思いますにゃ。

 

 

 

今回のジャンクノートパソコンは、掘り出し物だったかも。

 

f:id:mitsumamegamer:20180422144926j:plain