黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

ここがスゴイよ、ジェイク・ミューラー! バイオハザード6 レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか・

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

 

 

今回、チャレンジしてみるソフトはコレ!

 

 

バイオハザード6》

 

発売年:2012年

ジャンル:サバイバルホラー

フォーマット:PlayStation3Xbox360PlayStation4

発売元:カプコン

 

 

バイオハザード6 - PS4

バイオハザード6 - PS4

 
BIOHAZARD 6 PlayStation 3 the Best - PS3

BIOHAZARD 6 PlayStation 3 the Best - PS3

 

 

 

ゲーマーさんならご存知バイオハザードシリーズ作品の一つです。

え〜ゲーム? あまり知らない〜。

という読者さんでも、楽しく読める記事になるようワガハイ、がんばります!

 

それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20180127160631j:plain

どんなゲームなの?

簡単に説明してみれば、

新型ウィルス兵器『C-ウィルス』による新たな事件が起きます。

『レオン』『クリス』『ジェイク』『エイダ』の各キャラクターの視点を通じて

事件の真相にせまっていく・・・。

 

ホラーアクションゲーム仕立てになっています。

 

 

 

ゲームシステムとして、面白いな〜と感じたのは、

4つのシナリオを進行することでひとつの事件の全貌が明らかになる、

そんなストーリー構成がされていることです。

時には、各シナリオのキャラ同士がストーリーの中で遭遇したりします。

それがまた嬉しかったりするのです。

 

 

プレイヤーが操作できるのは、7人のメインキャラクター。

その中で、ワガハイが気になったキャラクターがいました。

その名は・・・

 

『ジェイク・ミューラー』

 

f:id:mitsumamegamer:20180205180646j:plain

 ※記事内の画像は『BIOHAZARD6』PS3プレイ動画から引用しました。

 

 

坊主頭なヘアスタイルがおしゃれ

『東イドニア共和国』で傭兵をしている青年です。

見た目、強面なこのお兄ちゃんがとにかくスゴかった。

色々な意味で・・・

 

 

でも、どんなところがスゴイの?

との疑問に答えるべく

『ジェイク・ミューラー』のスゴイところを紹介、徹底レビューしてみます!

 

 

<『ジェイク』のスゴイところ。その壱>

 

ジェイクは器用だった!

がさつそうな見た目とは裏腹に、実はピアノが上手いのです。

しかも、銃弾飛び交う部屋の中でも平然とショパン『革命』を弾きこなします。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205175150j:plain

 

他にも、バイク、イカダボート、スノーバイクを運転したり、

ロープを伝って旋回しているヘリコプターによじ上がったり・・・

とにかくなんでもデキル! 器用なんですね

 

 

しか〜し、ワガハイは気づいてしまいました。

そんな『ジェイク』でも、銃の扱いはどうやら苦手みたいです。

こんなに至近距離の相手でも・・・

f:id:mitsumamegamer:20180205173107j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180205173128j:plain

 

アレ? 見事に外してます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205173150j:plain

 

コレって言い訳? 

もちろん、わざと外したのですけど 

 

 

 

<『ジェイク』のスゴイところ。その弐>

 

ジェイクは真面目!

中国語が堪能。ペラペラです。

一体、どこで覚えたのでしょうか?

 

 

おそらく半年間、中国にある敵の施設に監禁されていたので、

その間に監視者さんたちとのコミュニケーションで覚えたのでしょう。

確かに、相手の言葉がわかった方が脱走しやすいです。

ただ捕まっているだけではない。転んでもタダでは起きない。

そんな真面目な性格が伺えるエピソードです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205173225j:plain

 

 

それに比べて、同じく監禁されていた『シェリー』は?

シェリー』の監禁部屋には、何とテレビがありました!

 

 

なんか優遇されてますね〜。

けれども、肝心な中国語を彼女はマスターしていない様子。

監禁施設内をさまよう途中、仕掛けに記された中国語を前にして

『ジェイクなら分かるかも〜』

みたいな事を呑気に言ってます。困ったエージェントにゃ。

 

 

実は、『シェリー』よりも『ジェイク』の方が真面目なのかもしれません。

 

 

 

<『ジェイク』のスゴイところ。その三>

 

ジェイクはモテる! モテるのです!

しかし、本人といえば、意外と選り好みするみたい。

相棒の『シェリー』に対して、『おまえなんかタイプじゃねえ』みたいなコトを

ツンデレ口調に言っています。

シェリー、カワイイのにね。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205174430j:plain

 

では、ジェイクの好みのタイプとは?

そんなのわからないにゃー?

と思いきや・・・

いました。実はゲーム中に出てくるのです!

 

f:id:mitsumamegamer:20180205172846j:plain

 ↑

名前は『ウスタナク』さん。

 って、本当に~?

感動の再会の場面がコレ・・・

f:id:mitsumamegamer:20180205173026j:plain

 

 

なんとジェイク自身も衝撃の告白を!

『元カノみてぇなモンさ』

と言っています。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205172539j:plain

ええっ〜?

 

元カノだと紹介された、隣に居るレオンも、心中ドキドキだったでしょう。

けれども、平静を装ってジェイクをフォローしてくれています。

『わかるよ。そのうち慣れるさ』

流石、レオン優しいですね〜。

 

 

 

もしも、ワガハイがその場にい合わせていたら、どう返答していたかな?

「ヨリ戻すのかにゃ?」

「元カノ、たくましいね」とか? うーん、迷います。

 ※本当は、ジェイクは『ウスタナク』さんにつけ狙われているだけです。

 

 

<『ジェイク』のスゴイところ。その四>

 

ジェイクは気前が良いです。

それは江戸っ子に負けないぐらいのレベルです。

ストーリーの冒頭に、『シェリー』に対して謝礼金額を提示しています。

f:id:mitsumamegamer:20180205172440j:plain

 

その額なんと、5,000万ドル!

 

※1ドル100円で換算すると、約50億円ぐらい? 大金ですね。

 

しかも、1$も負けないと念を押してきます。お金にはシビアにゃ。

ところが、ラストで『シェリー』に向けてメールで報酬金額の変更を知らせます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180205172304j:plain

『50ドルにまけといてやった』

 

※日本円で5,000円ポッキリ

どんだけ〜!なディスカウント。見事な値下げっぷりです。

なんで、そんなに値下げをしてしまったのでしょう?

 

ゲームだから、インパクトがあるように思いっきり下げてみたのかにゃ?

 

 

けれども、ワガハイは思いました。

きっとジェイクは、この事件を経て精神的に一回り成長したのだと。

 

 

ワガハイだったら、値下げメールを送った後で

「しまった!

 バイクのローンを忘れてたにゃ! 

 もうちょっと取り分、残しておけばよかったにゃ!」

などと後悔。

『謝礼金、もうちょっと欲しい件』などとタイトル付けて

もう1回メール送り直すかも。

けれども、きっとシェリーに未読スルーされるでしょうね。

 

 

 

というわけで、『ジェイク・ミューラー』のスゴイところをレビューしてみました。

一般的に、ゲームをプレイしてみて、

『コレ面白いゲームだな〜!』

と感じるには、いくつかの要素があります。

 

①ゲームシステム

②ストーリー

③世界観

④やりこみ度

⑤オリジナル度 などなど

 

それに加えて、キャラクターの魅力も大きな要素だと

改めてワガハイは感じました。

 

もし、新作バイオハザードが出るのならば、

ぜひとも『ジェイク・ミューラー』をまた登場させてほしいな。

と期待してしまう・・・印象に残る、スゴイキャラクターでした!

 

f:id:mitsumamegamer:20180205182858p:plain