黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

ゾンビはお好き? ロリポップチェーンソー レビューの巻


みなさん、ゲーム大好きですか?
猫な、ヌイグルミゲーマー「黒たま」です。

f:id:mitsumamegamer:20171015215808j:plain

 

積みゲータワー》に挑み続ける毎日を送ってます。

f:id:mitsumamegamer:20170917112308j:plain


真ん中から抜き取ると崩れそうで怖いので、テッペンからソフトをチョイス!


さて今回、チャレンジしてみるソフトはコレ!

ロリポップチェーンソー PREMIUM EDITION》

発売年:2012年
ジャンル:ホラーアクション
フォーマット:Playstation3Xbox360
発売元:角川ゲームス

 

プレイしてみる前に、パッケージチェック!

表面には、
ツインテールのギャルっぽい女の子が寝そべってて
思わずドキドキ!
しかーし、腰のあたりに何やら怪しげなるモノが・・・


裏面のキャッチフレーズは、
『極上ハチャメチャゾンビアクション』
ゾンビ?
でも、ただのゾンビゲームではなさそうな感じがプンプン

それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20171015220146j:plain

どんなゲームなの?

主人公ヒロイン、『ジュリエット』が

学園中に徘徊するゾンビをバッタバッタと倒していく

…って、
ゾンビ倒すから、かなりエグいんじゃね?
とギャルっぽい口調でワガハイ心配してたけど、
ノープロブレム!

『KIRAKIRA VER.』
『ZAKUZAKU VER.』

と2つのヴァージョンがあって、
バイオレンス表現の切り替え可能になってます
グロさが苦手な方は、『KIRAKIRA VER.』でキラっとプレイ!
プレーヤーの幅が広がるのでなかなかグッドですね。


ゲームの舞台はアメリカ西海岸
メニュー画面も、アメコミ風で
プレイをスタートしてみればビックリ!

ジャパニーズホラーの場合は、幽霊、妖怪類の活動時間は夜だけど、
真っ昼間からゾンビがうじゃうじゃ出てきます。


さらには暴走トラックが突っ込んできたり
救助ヘリが墜落したり
とにかく派手な演出が次から次へと忙しい
ホラー映画テイストが満載にゃ!

 

ホラーゲームだけど、

キラキラ系なキュートな女の子が
グロいゾンビたちを倒していくので
アラ、不思議にゃ!
グロテクスまで打ち消してしまいます
長くプレイしていても気が滅入らない工夫がされています
 

攻撃受けたゾンビもキュートになれば、
もっとコメディB級感が出て面白くなったかもね

 

f:id:mitsumamegamer:20171016153500j:plain

ワガハイ、プレイしていて気になるコトが・・・

①何故、人間はゾンビに対して、そこまで残酷になれるの?

ロリポップチェーンソー》には、ゾンビがたくさん出てきます。

ゾンビといえば、今やホラー映画の定番キャラです
おそるべきは、その感染力!
バクリと噛まれたら、あれよあれよという間にゾンビへと早変わり!
うめき声を上げながら、人間を襲いだします
まさにホラー。怖いデス。

 

しかし、もっと怖いのが人間側のゾンビに対する扱いです
ゾンビと遭遇するや、
逃げるか? それとも、迎撃するか? 二者択一を迫られます。

そして、迎撃を選んだ場合、その方法と程度が容赦ないのです。
金属バットで殴ったり、銃を撃ちまくったり、火炎瓶投げて燃やしたり・・・
ロリポップチェーンソー》では、
チェーンソーで切り刻みます。ひょえー!

 

チョット待ってよ。さっきまでそのゾンビは人間だったのに~
もはや人間扱いゼロ。
「安心せい、ミネ打ちにゃ」などといった手心を加えることなどゼロ。
情けなど微塵もありません。

 

確かに、相手はゾンビ。生きた人間ではありません。
なので、情け容赦なく攻撃しても罪に問われずに済むし、
もしかしたら、日頃のストレス解消も兼ねているの?
などと深読みしちゃいますが・・・

 

ですが、ワガハイが思うに、
たぶん、ゾンビが生まれた国、アメリカならではの歴史も無視できません。

西部劇などを見ても、
余所者から自分たちの町を守るために、
保安官を選び、更には自ら武器をとります。
「ヤラなければ、ヤラれてしまう」という正当防衛の強い風土が根付いてます

だから、ゾンビに対する扱いも、正当防衛して当然の考えが

色濃く表現されているのかも


②無個性ゾンビと個性的ゾンビ、どちらがお好き?

ロリポップチェーンソー》の敵はゾンビです。


一般的にゾンビといえば、
・唸り声をあげるだけで喋らない。
・フラフラと徘徊する。
・歩く方向はそろって同じ。
・心なしか皆同じ顔(血色悪そう)に見えてしまう。

 

個人的な主張も無くなり、みんなそっくり、みんな平等!
ゾンビになったら、すっかり個性がなくなってしまうのです。

しかーし、

ロリポップチェーンソー》にはボス的なゾンビが登場します。
しかも、彼らはしゃべる。しゃべる。スゴイおしゃべりです。
意識もはっきりしていて、

『ジュリエット』との会話もしっかり成立させてます。
「俺だよ! 俺が!」との自己主張が全開です。

きっと、青年の主張コンテストに出たら、入賞確実でしょう

コスチュームもばっちり決めて、スペック高すぎ、個性強すぎデス

 

一見、ゾンビらしくないボス敵の登場に、プレーヤーは
「こんなのゾンビゲームじゃないよ!」とガッカリしてしまうかも
ゾンビに拘りがあると、チョット微妙なところもあります。

 

しかし、無個性な敵をずっと相手に無双バトルをしていると、
やっぱりプレイに飽きてしまいます。

『ジュリエット』のコスチュームを変更してみるのも一つの手だけど・・・


あくまでも《ロリポップチェーンソー》は映画ではなく、ゲームなので、
アクションの面白さを追求する意味では
ボス戦は個性的なゾンビでもオーケーなのかな~と思ってしまいます。

 

ゾンビは無個性で貫き通すべきか?
それとも、個性的でもオーケーなのか?
ゲームの場合、悩みどころですにゃ。

にしても、各ステージに出てくるボスゾンビはかなりのタフです!

 

LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】

LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】

 

 

 

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20171015220846j:plain