黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

第2弾!¥540円(税込み)ジャンクノートパソコン レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

先日、仲間との集会?を終えて夜の町をぶらついていた時のことでした。

とあるショップにてコレってほり出し物?を見つけてしまいました。

 

じゃじゃーん!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121222j:plain

 

ノートパソコン。しかもジャンク品です!

 

 

2007年12月に販売されたノートパソコン

Windows Vista Home Premiumモデル

ジャンクノートパソコン自体、別に珍しいモノではありませんが、

そのお値段にビックリ、にゃんと!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121316j:plain

チョット小さいので、拡大してみます~
 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121400j:plain

¥540円(税込み)

 

安っ! 安いです!

もっと高くても良かったのでは?

 

 

ワガハイ、以前にも¥540円でジャンクノートパソコンをゲットした

ことがありました。

そのパソコンも状態はとてもヨカッタのですが、2004年製のXP対応パソコン

メモリやら、HDDやら、CPUなどは旧式ばかり。

リナックスOSをインストールするにも色々と苦労してしまいました。

 

 

そのとき思ったのは、

やっぱり、¥540円には

それなりの理由があったのにゃ〜。

 

※詳しくは、

前ブログ記事『540円(税込み)ジャンクノートパソコン レビューの巻』を

参照してくださいにゃ。

 

 

 

さて、今回見つけたジャンクパソコンは?

 

一見すると、キレイなノートパソコンです。

しかも、2007年VISTAモデルなので、現行リナックスOSにも十分対応して

くれそうです。

 

 

しかし 

このジャンクノートパソコン

どうして¥540円などと激安だったのでしょう?

もしかしたら、驚くべきジャンクの理由が潜んでいるのかも!

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

ワガハイは興味津々です。

 

 

いつもは、お店で電源やBIOSチェックなどした後、

購入するかどうか決めるのですが・・・

 

 

あえて今回は、ノーチェック!

まさにギャンブル。

ハズレのジャンク品だったら、部品取りぐらいにしか使えません。

 

 

当たりか?

それとも、

ハズレか?

 

 

果たして、黒たまサンはモッテイルのか?

まさに問われているのは、今まで培ってきた眼力?直感?

 

 

というわけで、今回の《積みゲータワー攻略日記》のテーマは・・・コレ!

 

 

《ジャンクの理由はドコにある?》

 

 

さて、主役のノートパソコンを簡単に紹介します。

 

FMV-BIBLO NF40Y

2007年12月発売

15.4インチ

WXGA 1280×800

搭載CPUCeleron M530 1.73GHz/1コア

対応メモリ:DDR2 PC2-4200

対応OSWindows Vista Home Premium

本体重量:2.8キロ

 

 

自宅に帰って、いよいよチェックしてみます。

 

 

チェックその①

通電するの?

内心、ドキドキです。

対応するACアダプターをパソコンに挿しています。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121631j:plain

 

まぶしー!

 

 

ディスプレイの下にある電源ランプに明かりがつきました。

どうやら、通電OKみたい。

けれども、電源ボタンを押してみなければ、起動するかはワカリマセン。

もしかして、ダンマリかも・・・。

 

 

チェックその②

電源ボタンをポチッとにゃ!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121723j:plain

すると、今まで静かだったノートパソコンが慌ただしく動き始めました。

まるで長い冬眠から目覚めたクマです。

 

 

チェックその③

内蔵メモリは動作するか?

パソコンにメモリが差し込まれていなかったり、不具合を起こしていると

パソコンは動作しません。すぐに停止してしまいます。

 

 

ワガハイ、メモリの有無をチェックしないままでした。

果たして、どうなんだろ?

しばらくして『Fujitsu』のロゴが出てきました。

すかさず、キーボードの『F2』ボタンを連打!

BIOS画面を出してみます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610122020j:plain

パソコン内部でメモリ(合計2GB)がちゃんと動作しているみたいです。おっけー!

 

 

 

チェックその④

液晶ディスプレイは大丈夫?

 

ディスプレイが映らない。画面が割れている。縦筋横筋が走っている、などなど。

ディスプレイに関する故障が、ジャンク扱いされる大きな理由の一つです。

このパソコンは2007年モノ。

何しろ、10年前のシロモノなので、消耗しきっている恐れも!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610122020j:plain

しかーし、

ディスプレイに映しだされたBIOS画面も、とってもキレイ〜!

どうやら、液晶ディスプレイも問題無いみたいにゃ。

 

 

チェックその⑤

セキュリティーロックはの有無は如何に?

 

いよいよBIOS画面を覗いてみます。

CPUの種類や、搭載しているメモリの数値などが分かるのですが、

無視できないのが、セキュリーロックの有無です。

 

 

コレにパスワードが掛かっていると、BOOTの優先順位が変更できないなど

OSをインストールする際に困ってしまいます。

 そこのところは~、どうなのにゃ?

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121755j:plain

 

恐る恐るチェックしてみると、

ふむふむ

ロックは掛かっていません。良かったにゃ〜。

 

 

チェックその⑥

キーボードのキーは欠けてない?

USBコネクタ、LANコネクタは壊れてない?

 

いったん、電源を落とした後、改めてパソコンの外観をチェック!

う〜ん、問題無いみたいです。

 

 

チェックその⑦

ここまでは順調みたい。

それでは、内蔵HDDをセットしてリナックスOSをインストールしてみます。

 

パソコンの裏をひっくり返します。

ドライバーでキュルキュルとHDDが収められているカバーを外してみます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131524j:plain

家に余っていたHDDをマウントに付けてセット!

ちゃんとHDDを読み込んでくれるか?

インストール結果で明らかになります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131543j:plain

さらに、DVDドライブを開けて、OS入りのDVDを入れてみます。

 

このとき、DVDドライブが壊れていたら?

外付けDVDドライブを別途用意しましょう。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131724j:plain

あれやこれやと心配してましたが・・・

おや? 無事にOSのインストールが始まったみたい。

後は、スムーズに行くかな?

 

 

今回、テストでインストールしてみるOSは、

Lubuntu17.1032bitバージョンです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131845j:plain

 

 少し時間がかかってけど、無事にOSがインストール完了!

 

 

チェックその⑧

キーボードの前についているタッチパッドは動く?

 

f:id:mitsumamegamer:20180610140338j:plain

さっそく指でテストしてみます。 

うんうん。ちゃんと動いています。

タッチパッドが邪魔で無効化するヒトもいるみたいです。

ワガハイは、タッチパッド使いまくっています。特に外でパソコンを使う時は、

マウスを持ち歩かないのでタッチパッドがちゃんと動いてくれると嬉しいです。

 

 

チェックその⑨

音は? 

 

スピーカーから音は鳴る?

音楽CDを入れて、再生してみます。

ちゃんと鳴ります。これもクリアー!

 

 

以上、①〜⑨までチェックしてきましたが、

いずれもノープロブレムでした。

 

う~む、

このジャンクパソコン、特に問題が無さそうな気がしてきました。

 

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610132106j:plain

試しにyoutubeを利用してみました.

画像と音にズレは無いけど、画面切り替わり動作が遅い気がします。

 

 

おそらく原因は、CPUにあり

Celeron M530 1.73GHz/1コア では、少し非力なのかも。

そこで思い切って、CPUを交換してみるにゃ!

 

 

でも、都合よく互換性のあるCPUが見つかるの?

と思いながら、部屋の中をガサゴソ漁ってみれば・・・

 

ひとつだけ出てきました!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610140507j:plain

INTEL Core 2 Duo T5500

 

果たして、働いてくれるのか?

実際にセットしなければ、ワカリマセン。

 

そこで・・・

 

分解にゃ!

f:id:mitsumamegamer:20180610140856j:plain

二刀流?

 分解と言っても、裏のネジを取り外して、基板をこじ開けてみるだけ。

 

しかし!

とにかくネジが多い~。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141614j:plain

ちなみに、ワガハイがパソコンを分解すると、

組み立て直した後に、ネジが数本残るのです。

 

 

なぜでしょう?

不思議です。

今回は、余りがゼロになりますように・・・ 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141032j:plain

底のカバーを開けてビックリ!

ホコリがほとんど無い。

キレイなのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141129j:plain

ファンの中にもホコリは溜まっていません。

まるで新品同様

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141218j:plain

ファンを取り外したら、

ターゲットのCPUが現れました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141310j:plain

ふむふむ。Celeron M530 みたいですね

レッツ交換。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141447j:plain

新しく取り付けたCPUには、グリスを薄く塗っておきます。

これでCPUから発せられる熱が放熱されやすくなります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121852j:plain

という訳で、小一時間かけてCPU交換は無事に完了!

BIOS画面で、CPU項目をチェックしてみます。

 

 

ちゃんと、INTEL Core 2 Duo T5500に代わっています。

これでYoutubeもの動きが良くなるかな。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141831j:plain

余ったCPU

どうしよ?

 

 

 

まとめ

今回のジャンクパソコンは、意外や意外。

とても状態の良いモノでした。

 

 

なのに、どうして¥540円だったのか?

2007年モデルで、10年以上の古い機種だったため?

 

 

とにかく¥540円で買えたのは、お買い得だったと思います。

これからはVISTA対応機のジャンクパソコンがかなりお安い値段で

出てくるのかも!

そんな予感がする、今回のチャレンジでした。

 

 

ちなみに、しっかりしたメインパソコンがあれば、

何もジャンクパソコンを利用する必要はありません。

 

 

しかし、

例えば、スマホや携帯しか持たない中学生や高校生が

 

自分用のパソコンが欲しい!

 

と思った時・・・

やはり問題になるのは、パソコンを購入する費用だと思います。

 

 

パソコンは高い! なかなか買えない!

買ったとしても、低スペックのパソコンになってしまうかも。

 

 

しかし、新品のパソコンにこだわらなければ・・・

中古品を買ってみる?

いえ、中古品よりも、もっと安く済ませる方法があります。

 

ジャンク品です。

 

状態の良いジャンクパソコンを手に入れて、最新のリナックスOS(32bit版)

をインストールしてしまう。

※別途、HDD、アダプターを用意する必要はあります。

 

 

「Lubuntu」などは低スペックの古いパソコンでも十分に動いてくれます。

ネット検索も、Youtubeでの動画鑑賞も、文書作成もオッケーです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610143810j:plain