黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

異色な恋愛ゲームがココに! お見合いコマンドー ~バカップルにつっこみを~ レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?
猫な、ぬいぐるみゲーマー。『黒たま』ですにゃん。

 


さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》
チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

《お見合いコマンドー ~バカップルにつっこみを~》

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180623155416j:plain

 

発売年:2000年
ジャンル:恋愛シュミレーション
フォーマット:PlayStation
発売元:エニックス(スクエア・エニックス

 

 

それでは、

f:id:mitsumamegamer:20180612165051j:plain



どんなゲームなの?

 

ズバリ、恋愛ゲームです。

 

 

 


だがしかし!

実は、プレイヤー自身は恋愛しません。

あくまでも脇役。他人の恋愛が成就する様に陰から応援します。

その点が、他の恋愛ゲームと一味違った点ですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180623155833j:plain


プレイヤーはお見合い研究所の所長になります。

 

f:id:mitsumamegamer:20180623155854j:plain

ワガハイ、黒たまサンも所長に就任!

 

 

さあ、色々な男女をカップリングさせていきましょう。

上手にデートを成功させて結婚まで導くことがゲームの目標。

 

 

 

けれども、何を始めたら良いの?と心配する必要もノー。
《お見合いコマンドー》のメインは
ミッション形式で進んで行くので安心にゃ。

f:id:mitsumamegamer:20180623155659j:plain

最初のカップルは・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180623155729j:plain

 このカレと

f:id:mitsumamegamer:20180623155940j:plain

この彼女サンです。 

登場人物は全員、ポリゴンキャラです。

 


なんだか表情や動きがぎこちないけど・・・
逆に、インパクトがありますにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160222j:plain


デートをしてラブラブ度を少しずつあげていく。
1カップルに許されたデート回数は8回まで。
それまでにプロポーズを成功させなければなりません。

 

 


デートを失敗すれば、ラブラブ度は減ってしまうことも!
しかも、このデートが・・・

 

普通では、ありませんでした!

 

 


それぞれのデートコースには、複数のシナリオが用意されています。

ランダムに選ばれたシナリオに沿ってデートは進んでいくのですが・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160353j:plain

必ず、ハプニングが起きるのです!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160437j:plain

元カレ、元カノが登場してきたり・・・

しかもポリゴン彼女です。

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160506j:plain

占い師に破局を予言されたり・・・

 

他にも
彼女のお父さんが出てきたり・・・
貸してもらったハンカチが風で飛ばされてしまったり・・・

 


そんなピンチに、所長として

どんなアドバイスをしてあげれば良いか?

 


それを選んで指示するのが、所長であるプレイヤーの腕の見せ所です。
表示された選択肢を選ぶ時間は、ほんのわずか数秒。
しかも、最善だと思っても当事者が指示に従ってくれない場合さえあります。

 

 

ゲームだけど、自分の思うように行かない歯がゆさを覚えながら、

デートを成功させていく。なかなかスリリングを堪能できます。

 

 

実は、ワガハイ《お見合いコマンドー》の第一印象を、

単なるバカゲーの一種だと

捉えていました。だって・・・

 

①登場するのは、ポリゴンキャラ
②サブタイトルには『バカップル』のワード
③デート中にハリセンでつっこみを入れる

などなど『バカゲー』要素たっぷりなのです。

 


さらに、④キャラクター造形もこれまたスゴイ。

f:id:mitsumamegamer:20180623160858j:plain

レインボー? スゴイ頭しているにゃ!

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160922j:plain

眉毛太っ!

 

f:id:mitsumamegamer:20180623160952j:plain

なんかホラーチック?なヒロイン

 


男女それぞれ色々なタイプのキャラクターが登場してきます。

おまけに全員が美男美女という設定ではありません。

年齢も、体形も、顔も、衣服もさまざま。

 

 


しかも、ポリゴンキャラが、
身体を左右に揺らしながらしゃべったり
時折、不自然な表情や仕草をみせてきます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619181150j:plain
(ちょいキモい・・・だがしかし!)


ワガハイはふと違和感を気づいたのです。
ゲーム内でデートをしているポリゴンキャラたちが
とても活き活きとしている事を・・・。

 

f:id:mitsumamegamer:20180623161104j:plain

バカゲー』とたった一言で片づけてしまうにはモッタイナイゲームにゃ!

と思うようになりました。

 

 


《お見合いコマンドー》に、何か新たな言葉を付け加えるとしたら・・・

『異色』

 

がピッタリです。
今まで、数多くの恋愛ゲームが世の中に出てきました。

それらと比べて『異色』の要素が強すぎるのです。

特に気になる要素は以下の①~④

 


①プレイヤーは、恋愛の当事者ではない 
②登場キャラは、美男美女がそろっていない

③デート中に、お約束的にトラブルが起こる

④男女を組み合わせて様々なカップリングができる


他の恋愛ゲームでのお約束的要素を見事にひっくり返しています。

 

 

 

ところで、そもそもの話

なぜ、恋愛ゲームが多く登場しているの

でしょうか?

 

 

その理由の一つに、
現実世界では理想の相手に出会えない!
という問題があるためかもしれません。

 

 

今の世の中、恋愛は自由にできる!
とはいっても・・・


・実際には出会いが無い。
・出会いはあっても、好みの相手ではない。
・出会っても、相手に振り向いてもらえない。
・しまいには恋愛をあきらめてしまっている。


などなど、リアルで恋愛をしたくても障害が多いのです。

 


けれども、ゲーム内では美男美女が勢ぞろい。

その中から自分の好みのタイプを選べばオッケー。

しかも、相手の方から好きになってくれる場合さえもあります。

 


恵まれた環境の下で恋愛ができるのです。

まさにゲームがリアルの恋愛の代わりを果たしてくれた、と云えるでしょう。

しかし、その満足感は所詮、ゲーム内に限定されるモノ。

リアルでゲームさながらの理想の相手と出会える可能性は?

 

 

それに気づいてしまうと、虚しささえ覚えてきます。

 

 

一方、《お見合いコマンドー》は、現実世界にある結婚相談所をモチーフにした

『お見合い研究所』が舞台設定になっています。

そのため、ゲームからリアルに戻った後でも、

 

 

今度、地域で主催する婚活パーティに

出席してみようかな?

 

とか考えるかもしれません。

ゲームをきっかけに、リアルな世界でも新たな出会いが待っているのです。

 

 

しかも、《お見合いコマンドー》をプレイしていたら気づいたはずです。

カップルにも様々なタイプがある事を・・・。

どのカップルがベストなのか?など比べることはナンセンス。

 

愛のカタチは色々ある。

 

f:id:mitsumamegamer:20180624153844j:plain

これは《お見合いコマンドー》がプレイヤーに向けたメッセージです。

リアルでも、自分なりの愛のカタチを見つけていけば、きっと素敵な

相手と出会えることができる!

そうワガハイは信じていますにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180623163734j:plain

 

今回、レビューしたゲームソフト《お見合いコマンドー》。

積みゲータワーで見つけるまで、ワガハイそのタイトル名を知りませんでした。

20年前のソフトであっても、

ポリゴンキャラであっても、

バカゲーぽくっても、

そんな先入観は一度捨ててプレイしてみる価値は・・・アリ!ですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162341j:plain

 

上達のカギは詰め将棋にあり? XI [sai] レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?
猫な、ぬいぐるみゲーマー。『黒たま』ですにゃん。

 


さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》
チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

《XI [sai]》

※『サイ』と呼びます。以下、表記は『XI』と省略。

 

 

発売年:1998年

ジャンル:アクションパズル

フォーマット:PlayStation

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント

 

f:id:mitsumamegamer:20180622165132j:plain

サイコロ?みたいなモノがドドンと!

チョットミステリアスな雰囲気が醸し出されてます。

 

 


それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20180612165051j:plain

どんなゲームなの?


ズバリ、アクションパズルゲームです。

 

 

その大きな特徴とは・・・

ダイス(サイコロ)を
転がし、ダイス同士を同じマス目にくっつけて消す!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180622170451j:plain


プレイヤーは小悪魔を操作してダイスを転がします。

複数のダイスを同じ目でくっつけるとスコアゲット!

ただダイスを押すだけではなく、玉乗りみたいにダイス

の上に乗って転がすことがウリです。

 

 

ルールも操作自体も、シンプル。
しかし、流石は頭を使うパズルゲーム。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180622170541j:plain

 

あれ?あれれ?


実際に、プレイしてみるとなかなか難しい~。

そろえたいダイスのマス目が出ないのですにゃ。

 

 

 

なんだか『ルービックキューブ』で遊んでいる感覚?

ワガハイ、アレ苦手です。

 

 


とりあえずガチャガチャと小悪魔を動かしていれば、偶然にもダイスが

そろってスコアをゲットすることもできます。

 

 

 


しばらくガチャプレイをしていたら、パズルゲームというよりも

アクションゲームをプレイしている感が強いです。

偶然要素が多いので、このままでは飽きてしまいそう。

 

 


おそらくソフトを開発したヒトもそんな風に遊んで欲しいとは

思っていないでしょう。

XIは、あくまでもパズルゲーム!

やっぱり知的にプレイしなければ奥深さや醍醐味は味わえません。

 

 


それじゃ、どうすればパズル的に遊べるかな?


説明書をペラペラめくっていれば・・・

f:id:mitsumamegamer:20180622165649j:plain

(おや?)

 

XIには幾つかのゲームモードが用意されているみたい。

 

f:id:mitsumamegamer:20180622165554j:plain

 

①トライアルモード
②バトルモード
③ウォーズモード
④パズルモード

 

 

その中で、初心者のワガハイでもプレイしながら

ルールを覚えることができるオススメは・・・

 

④パズルモード

 

 

って、何?
将棋に例えてみれば、『詰め将棋』です。
時間制限も無いので、じっくりと正解を考えることができます。


現役のプロ棋士も『詰め将棋』を解くヒトが多いと聞いたことがあります。

きっとXI上達のカギになってくれそうな予感が・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180622170931j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180622170956j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180622171016j:plain


STAGEクリアしていけば、新たなSTAGEが解放されていく仕組みです。

(10STAGEごとに)

 


失敗すると、小悪魔は悲鳴を上げながら
なぜか上に向かって消えていきます。(悪魔だから?)

 

 

 

緊張感ある、静かな雰囲気な中でパズルに成功すると・・・

今度は、小悪魔が格好良いポーズを決めてくれます。

ピタッとダイスがそろった時の爽快感はなかなかのモノ。

 

 


パズルモードには、ヒントになるダイスの目が表示されています。

だいたいは、このダイスの目になるように解いていけば、問題ありません。

 

 


けれども、実は、別のダイス目でもクリアは可能!
その時には、通常の『CLEAR』とは異なって『EXCELLENT』

表示されます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180622171454j:plain

 ヒントはダイス目『4』だったけれど、ワガハイ『2』でクリアして

しまいました。ダメなの?と思ったら、逆で褒められてしまいましたにゃ。

 

 


ふつう、詰め将棋的パズルは解き方が一つだけと思いがちです。

しかし、実は複数の解き方が潜んでいる。

果たして、それを見つけることができるのか?
地味だけど、こんなやりこみ要素もあります。

 

 


パズルモードで操作方法になれてきたら、
再び、トライアルモードをプレイしてみるのも良いでしょう。

 

f:id:mitsumamegamer:20180622171725j:plain

今までのガチャプレイとは異なる。知的にプレイしているかも~?

って感覚が味わえます。

 


ここまでの④パズルモードと①トライアルモードには、
基本的競争相手は登場してきませんでした。

タイムに気をつけて、自分のミスがなければ、そこそこ高スコアを狙える

ことも可能です。

 

 

しかし、
②バトルモード
③ウォーズモード
では、お互いにじゃまをしながらのダイス消しです。
アクション要素が俄然強くなります。
もちろん、パズル要素も無ければ勝てないのですが・・・

 

 

勝負に勝つためには、
状況判断
反射神経
が特に必要になってくるでしょう。

 


ところで、今日本でもeスポーツが盛んになりつつあります。
ジャンルは、FPS、格闘、スポーツなどありますが、

XIの様なアクションパズルゲームも候補になりうるのでは?

 

そうワガハイは思ってしまいました。

 

 

シンプルでありながら、奥深いゲーム性。
身に着けたテクニックを披露できる。
勝ち負けがはっきりしている。
プレイヤーのみならず見ているヒトも楽しめる。

 

 


しかし、XIは初代PlayStation対応ソフト。

オンライン機能も無ければ、発売されてから20年も経過しています。

 

 

なので、リメイクしてくれないかな~?

と期待してしまう黒たまサン。
オンライン機能を付けたXIが、eスポーツの仲間入りできます様に・・・

 

 

ちなみに、XIには続編『X IJUMBO』があります。
たぶんリメイクされるのならば、『XI JUMBO』の方?

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162341j:plain

 

お姫様の武器は鉄のツメ! ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち レビュー②の巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

ドラゴンクエストⅣ》

PlayStation

 

 

発売年:2001年

ジャンル:RPG

フォーマット:PlayStation

発売元:エニックス(スクエア・エニックス

 

 

 

前回のブログ記事で、ドラクエⅣ 第一章についてレビューしました。

今回引き続いて、第二章にチャレンジしてみまーす!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160351j:plain

 

 

それでは、

f:id:mitsumamegamer:20180612165051j:plain


 

 

第二章の主人公は、『アリーナ』 お姫様です。

ドラクエシリーズで、女の子が主人公という設定は珍しい。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160449j:plain

 

 

アリーナは王様である父親の反対を押し切って城から抜け出します。

力だめしの旅に出ました。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160525j:plain

 

旅のお供に、二人の家臣が付いて3人パーティ。

第一章に比べて、賑やかさが増してきた感じ。

旅の途中、立ち寄った城で武術大会に参加することを求められます。

 

 

 

なんと、大会の優勝者は、褒美として『エンドロール城』のお姫様と結婚できる!

と、王様は半ばムチャな約束をしてしまった様です。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160559j:plain

 

そこで主人公アリーナは結婚したくないお姫様の為に、優勝を目指します。

勝負は1対1の勝ち抜き戦。

 

 

5人勝ち抜けば、決勝戦に出られます。

つまりは6連戦みたい。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160637j:plain

武術大会の試合会場は、コロッセオ

 

 

どんな対戦相手が出てくるのか?

アリーナ姫(黒たまサン)は優勝できるのか?

 

激戦! コロッセオバトル!

 

一人目の対戦者は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160712j:plain

『ミスター ハン』

見た目はカンフー。まさに武術家らしいタイプです。

しかし、画面をよく見れば・・・なぜか『1匹』扱いされてます

可哀想

 

対する、アリーナ姫の装備は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160755j:plain

 

武器:鉄のツメ

装備:くさりかたびら

 

って、まるで忍者みたいな装い。

姫らしさはゼロ。

それにしても、主人公の装備が『鉄のツメ』とは、

なんだかビミョウな気がします。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160840j:plain

 

 

『ミスター ハン』を撃破!

特に苦戦しませんでしたね。えっへん。

 

 

さて、二人目は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619160858j:plain

ラゴス

クロスボー使いです。

別のゲームの主人公みたいな外見。

しかし、武術大会に飛び道具で参加するのは、なんかズルい気がします

 

 

ワガハイ、このラゴス相手に結構苦戦!

攻撃パターンは、ただ弓を撃ってくるだけですが、

弓がビシバシ当たります。

やくそうで回復することを忘れたら、あっという間にやられてしまいましたー。

 

 

とほほ

たくさん『やくそう』を持って参加すれば良かったにゃ。

加えて、ちょっとレベル上げしましょか。

f:id:mitsumamegamer:20180619160936j:plain

 

城から出て近くを徘徊していたら、なんとメタルスライムとばったり!

倒せば、たくさん経験値がもらえます。

そりゃ

 

かいしんのいちげき~!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161005j:plain

 

ナイスなタイミングで出ました。

おかげでレベル13にアップ!

 

 

さて、武術大会にリベンジ。

今度は『やくそう』をたくさん持っていきたいので、

余計なアイテムは仲間に渡してしまいます。

『皮のぼうし』も装備しなくても、たいして守備力が変わらない様な気が・・・

あっさり装備から外します。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161119j:plain

やくそうのオンパレードにゃ~

 

流石に、『くさりかたびら』だけは装備しておきます。

そして・・・

 

 

 

喰らえ、ベアークロー! 気分はウォーズマン

f:id:mitsumamegamer:20180619161242j:plain

ボウガン使いに勝利!

 

 

3人目の対戦相手は、

f:id:mitsumamegamer:20180619161322j:plain

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161342j:plain

 

『ビビアン』

って、アリーナ姫以外にも女性の参加者がいました。

しかもバニーガール?

職業は『あそびにん』かと思いきや、ヒャド放ってきます!

しかも、ベホイミで回復まで。けっこうスペック高めかも〜。

 

 

しかし、魔法を連発していればMPも尽きてしまいます。

魔法を使えない『ビビアン』は、単なるバニーガールでした。

そこにアリーナ(黒たま)の攻撃〜!

 

 

コーホー

ベアークローが炸裂!

 

コロッセオに血の雨が降ります。

主人公なのに、ヒール感がしてなりません。

とにかく勝利です。

 

 

 

気を取り直して、4人目の対戦者カモーン!

f:id:mitsumamegamer:20180619161430j:plain

 

『サイモン』登場

今度はヨロイ武者?

そういえば、『ドラクエ』には、こんな敵キャラがいましたにゃ。

魔物かと思っていたのですが、もしかしたらヨロイの下はニンゲン?

 

ヨロイ相手に『鉄のツメ』は通用するのか?

 

ベアークロー!

って、アリーナ姫の攻撃手段はコレしかありません。

姫なのに、今まで魔法を教わっていなかったようです。

 

 

まるでノーガードの殴り合いみたいなバトル

ゴリ押し的に勝ちました。

 

 

さて5人目の対戦相手は・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161559j:plain

 

ベロリンマン』!?

 

 

もはやニンゲンじゃないじゃーん!

しかし、忍者みたいに分身の術を使ってきます。

 

 

どれも見た目はそっくり。

4体の内、どれに攻撃するかチョイス。

確率25%ですが、これがなかなか当たらない!

まぼろしを攻撃してしまったら、本物の『ベロリンマン』が舌を出して

挑発してきます。くやしー

 

 

それでも、どうにかベア―クローで粉砕!

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161720j:plain

 

 

このあと、ちょっとしたアクシデントが起こりますが

ネタバレになってしまうので省略〜

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161803j:plain

 

アリーナ(黒たま)、武術大会優勝!

 けっこう大変だったかも。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619161854j:plain

 

『エンドロール城』の王様と姫からお礼を言われましたが

ゴールドやアイテムなどの報酬は無し!

しかも、経験値ももらえなかったので

ある意味、ボランティア的な雰囲気漂うイベントでした。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180619181150j:plain

(そういえば・・・)

 

 

第二章は、最初からずっと3人パーティでプレイしてきました。

ところが、武術大会イベントでは、たった一人だけのバトルに・・・。

 

 

そのバトルも

 

①『こうげき』

②『どうぐ』でやくそうを使ってHP回復。

 

の2項目しか『アリーナ』は実質選べません。

そのためか、タンパクなバトルになってしまった感じでした。

 

 

パーティメンバーの

クリフトとブライ。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162040j:plain

初めは、二人のメンバーが後ろにピッタリとついてきて

ウザイにゃー、と内心思っていましたが、

いざ居なくなって初めてわかりました。

パーティメンバーの有り難みというモノが・・・(しみじみ)

 

 

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

 

 

 

そういえば、似たようなニュアンスの歌があったにゃ〜。

歌詞はここでは書けないのでご容赦ください。

無性にハーモニカを吹きたくなった黒たまサンでした。

 

f:id:mitsumamegamer:20180619162341j:plain

ホイミンはニンゲンになれるのか?ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今回の《積みゲータワー攻略日記》

チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

ドラゴンクエスト導かれし者たち

PlayStation

 

 

発売年:2001年

ジャンル:RPG

フォーマット:PlayStation

発売元:エニックス(スクエア・エニックス

 

 

 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612165011j:plain

壮大なオープニング画面にゃ

 

 それでは、

 

f:id:mitsumamegamer:20180612165051j:plain

どんなゲームなの?

 

お馴染み、大ヒットシリーズ『ドラクエ』の第4作目。

キャラクターを成長させながら冒険していく、ロールプレイングゲームです。

 

 

 

ワガハイ、ファミコン版は少しだけプレイしたことがありましたが、

PlayStation版は初めて!

グラフィックも3D風になりパワーアップしています。

バトル時のモンスターの動きも躍動的です。

 

 

 

ドラクエ4の特徴として、物語が大きく章ごとに分かれている点があります。

まだ全てクリアしていませんが、今回は第一章だけをレビューしてみます。

 

 

第一章は、本格的にRPGをプレイする第一歩なので、

・マップも狭い

・敵の種類も少ない

・ダンジョンもシンプル

・ストーリーもシンプル

・登場人物も少ない。

などなど、あまり複雑化されていません。

 

 

初めて『ドラクエ』をプレイするヒトでも、すんなりとプレイできる工夫が

されています。基本、第一章は『ドラクエ1』の様に、たった一人で冒険をする

設定なのですが・・・

 

 

なんと旅の途中で、仲間を加えることができます!

 

魔法使い? 武術家? 賢者?

 

いえ、違います。それは・・・

 

ホイミンです!

 

 

って、ホイミンって何?

   ↓

 コレ

f:id:mitsumamegamer:20180612162736j:plain

ホイミンは、ホイミスライム。つまりは魔物です。

 ※画面が小さくてすみません

 

通常ならば、主人公ライアンの敵側のキャラなんですが・・・

実は、ホイミンには心に抱いた夢?野望?があります。

 

f:id:mitsumamegamer:20180612162930j:plain

と或る洞窟でバッタリ!

むむっ!何奴?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163017j:plain

なんと!

このホイミスライムはニンゲンになりたいのです。

まるで『妖怪人間ベム』みたいにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163058j:plain

この選択肢が第一章の中では一番重要かも!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163158j:plain

 ホイミンの申し出を断ることはモッタイナイ。

ぜひとも仲間に入ってもらいます。

 

 

ホイミンの特技は、何と言ってもホイミ」の呪文

戦士のライアンは呪文が使えずに、体力回復には薬草を使います。

しか〜し、持てる薬草の数も限られるし、お金も掛かります。

 

 

およ?

ファミコン版では、ホイミンはオレンジ色だったのですが、

PlayStation版では青色に変わっていました。

 

 

試しにダンジョン内や、町中でホイミンに話しかけてみると

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163243j:plain

な、何かにゃ?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163300j:plain

とってもお茶目なホイミスライムです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163402j:plain

 けっこうお喋りです

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163455j:plain

物語の核心にも触れてきます。まるで探偵にゃ

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163546j:plain

と思ったら、ツンデレな一面も!

 

 

 しかも、宿屋に一緒にいけば・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163650j:plain

 一人の時は、ゴールドだったのに・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163747j:plain

宿屋では二人分の宿賃を請求されたにゃ!

既にホイミン、ニンゲン扱いされています。

 

 

しかも、ホイミンは強い意思を持っているのか? 

意外や意外しっかりした性格?です。

バトル時、プレイヤーはホイミンを操作したり、命令できません。

ホイミンが何を選択するかは、オートプレイ。お任せです。

 

 

バトルスタイルをじっくり観察してみれば、

あまり体力回復呪文「ホイミ」は乱用しません。

節約家みたい。

攻撃が好き。

けれども、攻撃力が弱い〜。与えられるダメージポイントは1〜3ぐらい。

しかも、ライアンが倒しそこねた魔物にトドメをさしていきます。

 

 

たまーに「かいしんのいちげき」も繰り出したり・・・

ダメージポイント10!

感激です。

 

 

ホイミンと一緒に旅をしていて、ワガハイ気になることが・・・

 

なぜ、ホイミンはニンゲンになりたいの?

 

いくら話しかけても、その理由を明かしてくれません。

 

f:id:mitsumamegamer:20180612163953j:plain

元の仲間と敵対してまで、ニンゲンになりたいと願う。

何か深い理由があるのでしょうか?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612164051j:plain

ちなみに、ホイミンのレベルは? 不明。

いくら戦っても、レベルアップしません。

各パラメーターも低い数値です。

更には、新たな呪文を覚えたりも、強い装備もつけられません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

ワガハイは疑問を抱かずにはいられません。

 

 

普通、自分が弱かったら・・・

何も戦うことを選ばなくても良いのでは?

ニンゲンだったら、町の中にいれば安全です。

魔物ならば、勇者の来ない奥地にひっそり暮らしていれば良いのです。

 

 

けれども、ホイミンは臆することなく、ライアンと一緒に戦います。

ライアンの使命に協力し、誘拐された子供たちを救うために・・・。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612164228p:plain

ホイミン。オマエってやつは・・・)

 

ワガハイはホイミンの姿に感動を覚えてしまいました。

 

 

 

弱くても、

呪文は「ホイミ」だけでも、

レベルアップできなくても、

昔の仲間たちと戦うことになっても、

それでも、自分の夢のために前へと進む。

 

 

紛れもなく一人の勇者がいました。

 

 

ドラクエⅣ』の第一章にホイミンを登場させた、ゲーム上の理由とは、

攻略しやすくなるように・・

つまりはお助けキャラの役割だったと思います。

そのため、RPGが得意ならば、別にホイミンを仲間にしなくても

第一章をクリアできます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180612164637j:plain

 

けれども、ホイミンを仲間に加えたら、

第一章の世界観が一気に広がりました。

 

 

ニンゲンになりたいと願う魔物。

その魔物とパーティを組み、一緒に戦う。

 

 

従来のRPGでは、

魔物とは・・・戦う相手。

問答無用に倒す相手に過ぎませんでした。

 

 

しかし、『ドラクエ』シリーズでは、魔物を仲間に加えることができる

機能があります。これによって、魔物に対する考え方に変化が起きるのです。

 

 

しかも、ホイミンはただ一緒に戦うだけではありません。

彼自身に意思があり、夢や、希望があります。

 

 

そのホイミンが懐く夢から、ひとつのテーマが浮き出てきます。

それは・・・

 

魔物とニンゲンとの違いとは、何だろう?

 

 

果たして、種別や見た目の違いだけでしょうか?

もともと、ニンゲンであるプレイヤーにとって、

『背が高くなりたい!』『もっと痩せたい!』 などの願望はあっても、

『ニンゲンになりたい!』と望むことはまずありません。

だから、この特殊なテーマを考える機会は日常ほとんど持たないでしょう。

 

 

しかし、ゲームの世界では、色々なテーマに遭遇します。

プレイしながら、自分なりに考えひとつの答えを見つけ出す・・・

コレもゲームをプレイする一つの醍醐味かもしれません。

 

 

 

そう言えば、『FF9』においても、黒魔道師の『ビビ』が物語において

大きな役割を果たしていました。

f:id:mitsumamegamer:20180612201807j:plain

ラストで語られる『ビビ』のメッセージは涙なくして聞くことはできません。

 ※『FINALFANTASYⅨ』スクエア・エニックス 公式ホームページから引用

 

 

 

果たして、『ドラクエⅣ』のホイミンを通じて、答えは提示されるのか?

ワガハイは、ラストの章までプレイしてみたいと思いますにゃ。

がんばれ、ホイミン

 

f:id:mitsumamegamer:20180610143810j:plain

 

第2弾!¥540円(税込み)ジャンクノートパソコン レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

先日、仲間との集会?を終えて夜の町をぶらついていた時のことでした。

とあるショップにてコレってほり出し物?を見つけてしまいました。

 

じゃじゃーん!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121222j:plain

 

ノートパソコン。しかもジャンク品です!

 

 

2007年12月に販売されたノートパソコン

Windows Vista Home Premiumモデル

ジャンクノートパソコン自体、別に珍しいモノではありませんが、

そのお値段にビックリ、にゃんと!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121316j:plain

チョット小さいので、拡大してみます~
 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121400j:plain

¥540円(税込み)

 

安っ! 安いです!

もっと高くても良かったのでは?

 

 

ワガハイ、以前にも¥540円でジャンクノートパソコンをゲットした

ことがありました。

そのパソコンも状態はとてもヨカッタのですが、2004年製のXP対応パソコン

メモリやら、HDDやら、CPUなどは旧式ばかり。

リナックスOSをインストールするにも色々と苦労してしまいました。

 

 

そのとき思ったのは、

やっぱり、¥540円には

それなりの理由があったのにゃ〜。

 

※詳しくは、

前ブログ記事『540円(税込み)ジャンクノートパソコン レビューの巻』を

参照してくださいにゃ。

 

 

 

さて、今回見つけたジャンクパソコンは?

 

一見すると、キレイなノートパソコンです。

しかも、2007年VISTAモデルなので、現行リナックスOSにも十分対応して

くれそうです。

 

 

しかし 

このジャンクノートパソコン

どうして¥540円などと激安だったのでしょう?

もしかしたら、驚くべきジャンクの理由が潜んでいるのかも!

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

ワガハイは興味津々です。

 

 

いつもは、お店で電源やBIOSチェックなどした後、

購入するかどうか決めるのですが・・・

 

 

あえて今回は、ノーチェック!

まさにギャンブル。

ハズレのジャンク品だったら、部品取りぐらいにしか使えません。

 

 

当たりか?

それとも、

ハズレか?

 

 

果たして、黒たまサンはモッテイルのか?

まさに問われているのは、今まで培ってきた眼力?直感?

 

 

というわけで、今回の《積みゲータワー攻略日記》のテーマは・・・コレ!

 

 

《ジャンクの理由はドコにある?》

 

 

さて、主役のノートパソコンを簡単に紹介します。

 

FMV-BIBLO NF40Y

2007年12月発売

15.4インチ

WXGA 1280×800

搭載CPUCeleron M530 1.73GHz/1コア

対応メモリ:DDR2 PC2-4200

対応OSWindows Vista Home Premium

本体重量:2.8キロ

 

 

自宅に帰って、いよいよチェックしてみます。

 

 

チェックその①

通電するの?

内心、ドキドキです。

対応するACアダプターをパソコンに挿しています。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121631j:plain

 

まぶしー!

 

 

ディスプレイの下にある電源ランプに明かりがつきました。

どうやら、通電OKみたい。

けれども、電源ボタンを押してみなければ、起動するかはワカリマセン。

もしかして、ダンマリかも・・・。

 

 

チェックその②

電源ボタンをポチッとにゃ!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121723j:plain

すると、今まで静かだったノートパソコンが慌ただしく動き始めました。

まるで長い冬眠から目覚めたクマです。

 

 

チェックその③

内蔵メモリは動作するか?

パソコンにメモリが差し込まれていなかったり、不具合を起こしていると

パソコンは動作しません。すぐに停止してしまいます。

 

 

ワガハイ、メモリの有無をチェックしないままでした。

果たして、どうなんだろ?

しばらくして『Fujitsu』のロゴが出てきました。

すかさず、キーボードの『F2』ボタンを連打!

BIOS画面を出してみます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610122020j:plain

パソコン内部でメモリ(合計2GB)がちゃんと動作しているみたいです。おっけー!

 

 

 

チェックその④

液晶ディスプレイは大丈夫?

 

ディスプレイが映らない。画面が割れている。縦筋横筋が走っている、などなど。

ディスプレイに関する故障が、ジャンク扱いされる大きな理由の一つです。

このパソコンは2007年モノ。

何しろ、10年前のシロモノなので、消耗しきっている恐れも!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610122020j:plain

しかーし、

ディスプレイに映しだされたBIOS画面も、とってもキレイ〜!

どうやら、液晶ディスプレイも問題無いみたいにゃ。

 

 

チェックその⑤

セキュリティーロックはの有無は如何に?

 

いよいよBIOS画面を覗いてみます。

CPUの種類や、搭載しているメモリの数値などが分かるのですが、

無視できないのが、セキュリーロックの有無です。

 

 

コレにパスワードが掛かっていると、BOOTの優先順位が変更できないなど

OSをインストールする際に困ってしまいます。

 そこのところは~、どうなのにゃ?

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121755j:plain

 

恐る恐るチェックしてみると、

ふむふむ

ロックは掛かっていません。良かったにゃ〜。

 

 

チェックその⑥

キーボードのキーは欠けてない?

USBコネクタ、LANコネクタは壊れてない?

 

いったん、電源を落とした後、改めてパソコンの外観をチェック!

う〜ん、問題無いみたいです。

 

 

チェックその⑦

ここまでは順調みたい。

それでは、内蔵HDDをセットしてリナックスOSをインストールしてみます。

 

パソコンの裏をひっくり返します。

ドライバーでキュルキュルとHDDが収められているカバーを外してみます。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131524j:plain

家に余っていたHDDをマウントに付けてセット!

ちゃんとHDDを読み込んでくれるか?

インストール結果で明らかになります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131543j:plain

さらに、DVDドライブを開けて、OS入りのDVDを入れてみます。

 

このとき、DVDドライブが壊れていたら?

外付けDVDドライブを別途用意しましょう。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131724j:plain

あれやこれやと心配してましたが・・・

おや? 無事にOSのインストールが始まったみたい。

後は、スムーズに行くかな?

 

 

今回、テストでインストールしてみるOSは、

Lubuntu17.1032bitバージョンです。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610131845j:plain

 

 少し時間がかかってけど、無事にOSがインストール完了!

 

 

チェックその⑧

キーボードの前についているタッチパッドは動く?

 

f:id:mitsumamegamer:20180610140338j:plain

さっそく指でテストしてみます。 

うんうん。ちゃんと動いています。

タッチパッドが邪魔で無効化するヒトもいるみたいです。

ワガハイは、タッチパッド使いまくっています。特に外でパソコンを使う時は、

マウスを持ち歩かないのでタッチパッドがちゃんと動いてくれると嬉しいです。

 

 

チェックその⑨

音は? 

 

スピーカーから音は鳴る?

音楽CDを入れて、再生してみます。

ちゃんと鳴ります。これもクリアー!

 

 

以上、①〜⑨までチェックしてきましたが、

いずれもノープロブレムでした。

 

う~む、

このジャンクパソコン、特に問題が無さそうな気がしてきました。

 

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610132106j:plain

試しにyoutubeを利用してみました.

画像と音にズレは無いけど、画面切り替わり動作が遅い気がします。

 

 

おそらく原因は、CPUにあり

Celeron M530 1.73GHz/1コア では、少し非力なのかも。

そこで思い切って、CPUを交換してみるにゃ!

 

 

でも、都合よく互換性のあるCPUが見つかるの?

と思いながら、部屋の中をガサゴソ漁ってみれば・・・

 

ひとつだけ出てきました!

 

f:id:mitsumamegamer:20180610140507j:plain

INTEL Core 2 Duo T5500

 

果たして、働いてくれるのか?

実際にセットしなければ、ワカリマセン。

 

そこで・・・

 

分解にゃ!

f:id:mitsumamegamer:20180610140856j:plain

二刀流?

 分解と言っても、裏のネジを取り外して、基板をこじ開けてみるだけ。

 

しかし!

とにかくネジが多い~。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141614j:plain

ちなみに、ワガハイがパソコンを分解すると、

組み立て直した後に、ネジが数本残るのです。

 

 

なぜでしょう?

不思議です。

今回は、余りがゼロになりますように・・・ 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141032j:plain

底のカバーを開けてビックリ!

ホコリがほとんど無い。

キレイなのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141129j:plain

ファンの中にもホコリは溜まっていません。

まるで新品同様

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141218j:plain

ファンを取り外したら、

ターゲットのCPUが現れました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141310j:plain

ふむふむ。Celeron M530 みたいですね

レッツ交換。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141447j:plain

新しく取り付けたCPUには、グリスを薄く塗っておきます。

これでCPUから発せられる熱が放熱されやすくなります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610121852j:plain

という訳で、小一時間かけてCPU交換は無事に完了!

BIOS画面で、CPU項目をチェックしてみます。

 

 

ちゃんと、INTEL Core 2 Duo T5500に代わっています。

これでYoutubeもの動きが良くなるかな。

 

f:id:mitsumamegamer:20180610141831j:plain

余ったCPU

どうしよ?

 

 

 

まとめ

今回のジャンクパソコンは、意外や意外。

とても状態の良いモノでした。

 

 

なのに、どうして¥540円だったのか?

2007年モデルで、10年以上の古い機種だったため?

 

 

とにかく¥540円で買えたのは、お買い得だったと思います。

これからはVISTA対応機のジャンクパソコンがかなりお安い値段で

出てくるのかも!

そんな予感がする、今回のチャレンジでした。

 

 

ちなみに、しっかりしたメインパソコンがあれば、

何もジャンクパソコンを利用する必要はありません。

 

 

しかし、

例えば、スマホや携帯しか持たない中学生や高校生が

 

自分用のパソコンが欲しい!

 

と思った時・・・

やはり問題になるのは、パソコンを購入する費用だと思います。

 

 

パソコンは高い! なかなか買えない!

買ったとしても、低スペックのパソコンになってしまうかも。

 

 

しかし、新品のパソコンにこだわらなければ・・・

中古品を買ってみる?

いえ、中古品よりも、もっと安く済ませる方法があります。

 

ジャンク品です。

 

状態の良いジャンクパソコンを手に入れて、最新のリナックスOS(32bit版)

をインストールしてしまう。

※別途、HDD、アダプターを用意する必要はあります。

 

 

「Lubuntu」などは低スペックの古いパソコンでも十分に動いてくれます。

ネット検索も、Youtubeでの動画鑑賞も、文書作成もオッケーです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180610143810j:plain

 

今週のお題「修学旅行の思い出」シャーベットアイスはホロ苦い味

今週のお題「修学旅行の思い出」

みなさん、ゲーム大好きですか?

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

さて、今週の《積みゲータワー攻略日記》

はてなブログ今週のお題にチャレンジします。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604164237j:plain

 

一応これでも、ゲームレビュー中心のブログなので

少しでもゲーム的な感じの記事にしてみよ〜かと思います。

上手く行くかはわからないけど・・・。

 

 

 

お題の「修学旅行の思い出」と聞いて、

長い間、ワガハイの心の奥に封印されていたトラウマが・・・

 

 

蘇りましたにゃ!

 

 

それは思い返すだけでも恐ろしい体験でした。

身体はブルブルと震え、目は虚ろになり、口から泡が今にも出てきそうです。

もうヤメてにゃー!

けれども、心に負った傷を癒やす方法の一つとして、

周りに話してみることが良い、と聞いたことがあります。

 

 

 

そこで、ワガハイのトラウマとも云える「修学旅行の思い出」を

語ろうかと思います。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

それは、ワガハイが中学二年生だった修学旅行の出来事でした。

行き先は、古都京都。

まさに日本を代表する観光地です。

 

 

 

修学旅行のメインといえば、自由行動です。

センコー・・・否、先生の束縛から放たれて気の合う仲間同士で観光地を巡れる。

まるでパーティを組んで、旅をするロールプレイングゲーム

の様に思えてなりません。

 

 

一人ひとりが弱くても、

お互いに協力しあえば、

きっとどんな強敵にだって勝てる!

 

 

まだ青二才だったワガハイたちは、すっかり浮かれていました。

 

 

ホテルに着いて、修学旅行初日の夕食の時間。

食事は、食堂や宴会場に集まらず、それぞれ部屋ごとにとります。

ワガハイたちの班(別班も合わせて総勢10人ぐらい?)も、夕食タイム。

みんなで楽しく食事をしながら、

明日の自由行動について話をしようと思っていました。

 

 

しかし!

突然に、事件は起こりました。

 

 

それは、和室の部屋に人数分のお膳が並べられ、

ホテルの仲居さんが食事の用意をしてくれている最中でした。

ワガハイたちも、準備を済ませた者から次々と席に座り始めたその時・・・

 

アナタ、何してるの!

 

強烈な声が響いたのです!

 

f:id:mitsumamegamer:20180601212855j:plain

 

な、何?何だにゃ?

ワガハイはびっくりして振り返ります。

 

 

すると、仲居さんが怒っているではありませんか!

 

班のメンバーのひとり・・・カトウ君(仮名)が何かやらかしたみたい。

よくよく見たら、カトウ君の手には、アイスが・・・。

それは、夕食のデザートに出される予定だった、

小さなシャーベットアイス。

 

 

 

部屋の入り口に置いてあった、アイスの箱をめざとく見つけたカトウ君。

にゃんと勝手に箱を開けるや、先に1個頂戴して食べていたのでした!

 

 

それを目撃した、仲居サンは激怒プンプン!

 

 

まあ。それはそうでしょう。

 

①仲居さんの了解無く、勝手にアイスの箱を開けた。

②まだ食事すら始まっていないにもかかわらず、デザートに手をつけた。

③しかも、まともに謝っていない。

 

 

それでも、メンバーは10人もいます。

それぞれやることがあり、部屋は依然としてざわついています。

もうすぐ食事が始まるにもかかわらず、テレビを見ているメンバーさえも!

 

 

すると、仲居サンはスタスタとテレビに向かい、

テレビの電源をブチッと切りました!

 

 

一瞬にして、部屋は水を打った様に静まり返りました。

(ヤバイ?)

(何?何だべ?)

誰もが、ただならぬ事態であることだけは悟ります。

 

 

ワガハイ、そっと仲居サンの顔をみてみると・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180327p:plain

仲居サンは・・・ラスボスの顔になっていました!

 注:トラウマのため、正確には描写できませんでした。

あくまでワガハイのイメージ図です。

 

 

ジョニー:(お、おい)

マイケル:(ヤバイぞ)

トム:(怒ってる?)

ロバート:(カトウのヤツ、何やったんだよ?)

 

 

まるでサッカークラブチームさながらのアイコンタクト。

メンバー同士で視線を交わします。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

(と、とにかく座ろうにゃ。みんな)

 

 

ワガハイの提案で、メンバーみんな、静かに座布団に座りました。

けれども、仲居サンは配膳を再開してくれません。

シャーベットアイスを食べたカトウ君をひたすら注意し続けています。

 

 

 

おとなしく座ったメンバーの前には、お膳が・・・。

既に、一人用の小鍋からグツグツと小気味良い音が聞こえてきます。

鍋の下を覗いて見れば、小さな炎が揺らめいて・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

 

(カトウ君、早くそのアイスを放すんにゃ!)

 

 

まるで、銃を持った犯人に投降を呼びかける様に、

ワガハイはカトウ君にアイコンタクトを送りました。

 

 

しか〜し。

カトウ君は、アイスを握り黙ったまま、顔は青ざめています。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180327p:plain

おそらく、仲居サンの恐ろしさに身体がすくんでしまっているのかも?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604185010p:plain

お膳の上で煮えたぎる小鍋よろしく、

すでにカトウ君は地獄の釜に投げ込まれた亡者

なっていました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

(カトウ君・・・)

 

カトウ君に非があるのです。

かわいそうだけど、恐ろしさに身をすぼめていれば、

そのうち仲居サンから釈放されるでしょう。

ワガハイたち残りのメンバーは、ただ様子を見守るしかありません。

 

 

仲居サンのお説教が終わるまで

もうチョット。あとチョットだったのに・・・

 

 

仲居サンの怒りの炎に、新たな油を注ぐ。

別のメンバーが出てきたのです!

 

 

 

それは別のメンバー、ムロイ君(仮名)でした。

彼は、カトウ君が怒られている様を見守っている事が退屈だったのか?

あろうことか、自分のお膳に置いてある小鍋のフタをヒョイと・・・

 

勝手に開けてしまったのです!

 

 

説教しながらに仲居サンは、ムロイ君の愚行を

決して見逃してはいませんでした。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180327p:plain

そこのアナタっ、まだフタを取らないで!

 

 

金切り声が響きます。

新たな不届き者に牙が向かいます。

まるでメドゥーサに睨まれたのごとく、

フタを持ち上げたまま、ムロイ君の身体は石と化しました。

 

 

ムロイ君の粗相で、事態は更に深刻に・・・。

たった一人だけマナーの悪い者がいる状況から一変して、

この部屋にいる中学生が皆、そろってマナーが悪い!と

烙印を押されてしまったのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604185132p:plain

ムロイ君も、カトウ君が待つ地獄の鍋へ真っ逆さま。

 

 

 

ワガハイは不思議でした。

 

なぜ?

ムロイ君は小鍋のフタを持ち上げてしまったのか?

お肉は、牛肉なの?それとも豚肉かな? 

などとチェックしたかったのでしょうか?

 

う〜ん、ワカラナイ。

 

悩むワガハイに、残りのメンバーからのアイコンタクトが来ます。

 

 

ジョニー:(黒たま、なんとかしてくれよ)

マイケル:(この仲居サン、怖いyo

トム:(お腹すいた)

ロバート:(なんで先生は来ないの?)

 

 

どの先生も、忙しくしているのでしょうか?

否、おそらくワガハイたちの部屋の異変に気づいているはずです。

しかし、仲居サンが怒り狂った状況下、

どうして好き好んで部屋に入ってくるものでしょうか?

 

 

本来、生徒を指導する役目の先生に、責任が問われるのは目に見えています。

渦中の栗を拾いに来てくれるセンセイなどいないのです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

(どうしよ?)

ワガハイも必死です。

 

①たたかう

②どうぐ

③じゅもん

④にげる

 

ロールプレイングゲーム的に、頭の中でシュミレーションしていました。

 

たたかう を選択したら?

 

って、無理。そもそもの話、メンバーのマナーの悪さから始まったことです。

100%、非はコチラにあります。

これで屁理屈こねて反論して戦ったら?

ましてや、「うるせー。ババア!」などと罵ったら・・・どうなることやら?

 

 ということで①たたかう はパス

 

 

どうぐ を選んでみる?

 

って、何の「どうぐ」を使ったら良いのやら。

小鍋のフタ?

 

ああ!

みるみる内に、炎を燃やす固形燃料が小さくなってるにゃ!

何もなければ、今頃、鍋をおいしく食べている処なのです。

 

 

もしや?

 

その時、ワガハイはピンと来ました。

 

なぜ、緊迫した状況にもかかわらず、

ムロイ君は小鍋のフタを開けてしまったのか?

 

それは・・・

そろそろイイ感じに鍋が出来上がったきたのではないのか?

おそらくムロイ君はそれを気にしたに違いありません。

早く食べなければ、お肉などは固くなってしまいます!

 

 

鍋の食べごろはもう来ているのか?

それとも、まだなのか?

 

 

ワガハイだって気になって仕方ありません。

確かめてみた~い!

けれども、今開けてしまったら?

 

 

まさに飛んで火に入る夏の虫!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180327p:plain

そこの猫のアナタ!

どうしてこの状況になっているのか、

まだ分かってないのね!

 

 

と、痛恨の一撃を浴びて、

カトウ君、ムロイ君に続き、ワガハイまで地獄の鍋に放り込まれてしまう~。

それだけは勘弁にゃ。

 

 ということで、②どうぐ もパス

 

 

じゅもん を選んでみる?

 

 じゅもん。そうでした。ワガハイには言葉があります。

 ニンゲン、話しあえば分かり合えるのです。

 しかも、真っ向から反論するのではなく、上手く相手をやり込める・・・

そんな言葉が今、求められています。

 

 

 例えば・・・

「ねえねえ。お姉さん、ボクもうお腹すいたよ〜」

 

と、『コナン』君をまねて可愛げに訴えてみたら?

 

 

 

けれども、仲居サンはどう見ても「お姉さん」は卒業しています。

それでは、何と呼んだら良いの?

「マダム」?

「ハニー」?

「セニョリータ」?

 

ワガハイの頭の中がこんがらがってくるだけにゃ〜。

それに、余計に仲居サンの怒りの炎に油を注ぐだけです。

 ということで③じゅもん もダメ~

 

 

逃げる を選んでみる?

 

とうとう最後の手段。「逃げる」を選ぶしか無いのでしょうか?

このまま勝てない相手と対峙していては、チームは全滅必至!

カトウ君、ムロイ君には悪いけど、犠牲になってもらって。

 

 

けれども、ドコに逃げたらいいの?

ここはホテル。

いわば、仲居サンのホーム。ワガハイたちは完全アウェイなのです。

しかも、仲居サンは一人ではありません。逃げきれる自信などゼロ。

 

 

ジョニー「俺に構わず、逃げろ〜」

トム「ごめんなさい。ごめんなさい」

ロバート「出口は何処なんだ?」

黒たま「挟まれたにゃ!」

 

 

まさに阿鼻叫喚。

メンバー散り散りになって逃げても、追いかける仲居サンの魔の手に次々と

堕ちていく・・・そんな悪夢が脳裏をかすめてしまいます。

 

 

結果・・・

 

一人ひとりが弱くても、

お互いに協力しあえば、

きっとどんな強敵にだって勝てる!

 

なんフレーズは何処へやら?

 

無力なワガハイたちには、何も取りうる手段はアリマセンでした。

ただひたすら仲居サンの説教を聞きながら、

目の前のお膳に置かれた小鍋の炎を見つめ続けるしか・・・

 

 

最初は、勢い良く燃えていた炎も、

ああっ!

もう風前の灯に・・・。

 

 

仲居サンが去った後、

遅く始まった夕食は、まるで良家の子息たちが集う寄宿舎の如く、

とても静かでお上品なモノになりました。

デザートのシャーベットアイスを恨めしくみつめながら、口に運びます。

 

 

不思議だにゃ。

美味しいはずのアイスが・・・

何の味もしないにゃ。

 

 

 

今思い返せば、食事のマナーについて、そこまで怒ってくれるヒトはいません。

レストランでマナーの悪い客がいても、皆、見てみぬフリです。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180057j:plain

ワガハイは考えずにはいられません。

 

 

もしも・・・

修学旅行で浮かれてきっていたワガハイたちが、

仲居サンから見逃されて、説教を受けていなかったら?

 

 

おそらく自由行動の最中に、周囲の人たちに迷惑をかけていたのかも?

それを思うと、感謝の気持ちで一杯です。(ホント~?)

 

 

その後、旅館やホテルで仲居サンと会うと、

本能的にワガハイは緊張してしまいます。

食事時なんか、正座したまま微動だにしません。

 

「もう召し上がっていいのですよ」

「は、はい・・・い、いただきます」

 

あの修学旅行の思い出(トラウマ)が、怖くて怖くて・・・。

 

 

 

おまけ

今回の記事で《積みゲータワー攻略日記》は

ちょうど100記事目の掲載を迎えることができました。

これも、読者のみなさんのおかげです。ありがとうございます。

 

 

各方面から、お祝いのメッセージが来ているのでチョット紹介して終わります。

 

f:id:mitsumamegamer:20180604170244j:plain

黒たまサン、100回目おめでとうございます。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604170407j:plain

オメデトー!よく頑張ったな!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20180604180327p:plain

 100回、おめでとう。

マナーは守りなさいよ。